情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

朝起きられない原因は?スッキリ起きられるようになる方法と寝坊防止に使えるアイテムを紹介します!

      2017/02/12

 

 

朝が苦手で、なかなか起きられないという悩みありませんか?

 

学生なら許されるかもしれませんが、社会人になればそうはいきません。

新生活を始めて、早々に遅刻なんて困るし、どうして朝起きられないのでしょうか。

 

今回は、朝起きられない理由や、すっきり起きられるようになる方法をご紹介します。

 

朝起きられない原因は?

 

朝起きられないのは、夜更かしだと思っていませんか。

確かにそれも原因の一つですが、それだけではありません。

 

大きく分けると

 

・眠りの質を悪くする生活習慣

 

・低血圧の体質

 

・病気や健康状態の悪さ

 

の3つの原因が考えられます。

 

◯ 眠りの質を悪くする生活習慣

眠りの質とは何時間眠ったかではなく、いかに深く眠ったかが重要になります。

 

次のような生活習慣、特に寝るの前までの習慣が、眠りの質を悪くしている可能性があります。

 

寝不足で疲れが取れていない…寝不足で疲れが取れないと、眠りの質も落ちストレスが更にたまる

 

寝る前の飲食、飲酒…胃が活動している間寝ているため、体が休まらない

 

週末の寝だめ…睡眠のリズムが狂う

 

目覚め時間と睡眠の周期が合っていない…深い睡眠の周期に起きようとすると、目覚めが悪くすっきり起きることできない

 

夜遅くまでテレビ・スマホ・パソコンを見る…画面からでるブルーライトは脳を刺激するため、

 寝つきが悪くなり、結果、朝起きられなくなる

 

◯ 低血圧の体質

「低血圧だから、朝が苦手」とよく言いますよね。

 

低血圧は、心臓から全身に血液を送る力が弱いため体に栄養を送り出すことができにくくなります。

 

朝起きるためには、アドレナリンとノンアドレナリンが必要ですが、血圧が低いとこの成分の分泌が遅くなります。

そのため、朝目覚めても、体が思うように動かない、起き上がることができない状態になります。

 

◯ セロトニン不足

朝の目覚めにはセロトニンが不可欠です。

 

セロトニンは寝ている間は分泌されませんが、朝が近づくにつれて量が増えて目が覚めます。

分泌されなければ、体は目覚めることができないのです。

 

元々の体質、病気などでセロトニンの分泌量が減ることがあり、眠り質も悪くする傾向があります。

 

また、セロトニンは脳が幸せを感じるために必要な成分とされていて、サプリメントで補充することができます。

 

◯ 規律調整障害

規律調整障害は精神疾患、自律神経失調症の一つです。

 

自律神経の原因は主にストレスです。

ストレスをたくさん感じると、交感神経ばかりが働き、脳が休まりません。

 

また、自律神経失調症の人は起きられないのは自分がダメだからと思い込み、

自分を責めることでさらにストレスを感じます。

 

症状を悪化させ、朝起きてずっとだるかったり、起きられないことが増えます。

 

◯ 睡眠後退症候群

睡眠後退症候群も、簡単に言えば脳の中で昼と夜が逆転しています。

 

夜更かしや徹夜を繰り返すことで、脳が昼と夜を勘違いしている状態になってしまいます。

一見すると不眠症と誤解されやすく やる気が無い人に見られますが、違う病気です。

 

睡眠後退症候群は、生活習慣での改善は難しく専門知識と治療が必要です

スポンサードリンク

 

朝にスッキリ起きられるようになるには?

 

原因が分かったら、次は、どうすれば朝にすっきり起きられるかです。

 

いくつかおすすめの方法をご紹介します。

 

◯ 太陽の光を浴びる

朝起きたらカーテンを開け、太陽の光を浴びるようにします。

 

太陽の光を浴びることで、目覚めと深く関係しているセロトニンが分泌されます。

 

ちなみに曇りの日でも、外が明るくなっていれば太陽の光は出ているので、心配はいりませんよ。

 

◯ コップ一杯の水を飲む

目覚めの水分は、体内時計を調節し、体を起こします。

 

睡眠中は、水分が失われ軽い脱水症状になっているため、水を飲むと神経を刺激して脳もすっきりします。

 

◯ 遠くに目覚ましを置く

朝の目覚めが悪かったり二度寝をしてしまう時には、

布団から出ないとアラームが止められない位置まで目覚まし時計を置いてみるといいです。

 

手足を動かすことで、脳が動き始めます。

 

1つでは不安な場合は、時間差で位置を変えて置いておきましょう。

 

◯ 朝食を摂る

朝食を摂ると胃腸は動き始めるので、連動して脳も目覚め、エネルギーの補給もできます。

 

寝る前に食べるので、朝食が取れないという人もいるかもしれません。

 

寝る前の飲食と朝食を食べないのは、二重に目覚めを悪くしています。

 

この機会に、寝る前に食べることを控えるか止めるようにするのもいいですね。

 

◯ 気合を入れる

寝る前に、「朝は、絶対に◯時に起きる!」と、

念じるように気合を入れると、きちんと起きられるケースもあります。

 

私は、この方法で起きることができます。

 

特に早く起きる必要があるときは、「◯時に起きる」と3回以上、

唱えるようにしてから寝るようにしています。

 

◯ 睡眠のパターンを知る

睡眠中は、深い眠りと浅い眠りが、交互にやってきます。

 

浅い眠りの時には目が覚めやすいので、ベッドに入ってから

何時間後に浅い眠りが来るかを起床時間から逆算して考えて、就寝時刻を決めるのも方法の一つです。

 

◯ 遮光カーテンをやめる

一人は太陽の光を感じると、体が起きようとします。

 

遮光カーテンは防犯に役立つのですが、光を感じるという面ではおすすめできません。

極端に薄い色のカーテンではなく、適度に太陽の光が入ってくるカーテンを選ぶといいです。

 

◯ 寝る一時間前は、テレビ、パソコン、スマホは避ける

テレビやパソコン、スマホなどから出るブルーライトは、脳を刺激し、興奮させるので目が冴えてしまい、

体内時計が狂いやすくなってしまうので朝すっきり起きられなくなります。

 

どうしても、パソコンやスマホを夜に使わなければならない場合は、

ブルーライトをカットするグッズなどを使うのがおすすめです。

 

画面に貼るシートや、アプリを使ってカットする方法があります。

 

◯ 栄養ドリンクを飲む

私は、疲れすぎていると眠れないので、ノンカフェインの栄養ドリンクを飲んでから寝るようにします。

 

よく眠れて、疲れもとれるし、目覚めもいいです。

その日の疲れは、できるだけその日に取る事を心がけています。

 

◯ 一人暮らしの場合、遅刻防止にどうすればいい?

実家で暮らしていた時は、最終的に親が起こしてくれていたので遅刻することもなかったかもしれませんが、

一人暮らしでは起こしてくれる人も、せかしてくれる人もいません。

 

基本は、早起きをすることですが、それだけでは遅刻する可能性は残っています。

 

遅刻をする人は、無駄な時間を過ごしている傾向があるので、

 

・目標時間、優先準備を考えたタイムテーブルをつくる

 

・持ち物、洋服は前日に準備

 

・出かける時の持ち物は定位置に置く

 

ことを心がけてください。

 

朝の5分はとても短く、貴重です。

1分1秒を大切にすることが、遅刻防止につながります。

 

寝坊防止にこんなものが使えます!

 

目覚まし時計やスマホのアラーム機能以外にも、こんな防止グッズがあります。

 

◯ 光で起こす目覚まし

すっきり起きるためには、太陽の光が必要ですよね。

 

この目覚ましは、その仕組みを利用しています。

太陽の光に近い明かりで、しっかり起こしてくれます。

 

 

◯ モーニングコールサービス

毎月、手数料を払ってホテルのモーニングコールのように、電話がかかってくるサービスがあります。

 

コール数を決めれる、目がしっかり覚めるまで会話をしてくれるサービスなどもついている場合もあります。

 

◯ 定刻起床装置

鉄道職員など、朝が早い、絶対に遅刻できないなどの職業の人が使う目覚まし時計です。

 

時計というより、装置に使いイメージです。

値段は高めですが、効果はかなり期待できます。

 

◯ 目覚まし用アプリ

スマホアプリには、目覚ましアプリがあります。

 

例えば、

 

・画面を何十回も連打する

 

・写真を撮る

 

・計算問題を解く

 

などをしなければ、アラーム音は止まらない機能がついています。

 

これ以外にも200個以上もアプリはあるので、色々調べて好きなものを見つけてくださいね。

 

まとめ

 

自慢ではないのですが、私は遅刻をした経験がほとんどないんです。

 

それは子供だった頃に親に起こしてもらっておらず、学校に遅刻してすごく恥ずかしい思いをした為です。

 

この方法が正しいとは言えませんが、遅刻するのはとても恥ずかしいことで、

誰のせいでもない、自分のせいだと知ることは大切です。

 

大学生、社会人になってまで寝坊で遅刻なんてことが無いように、

まずは早めに寝て体調を整えておくことが大切ですね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , ,