情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

母の日に花もいいけど、こんなものもおすすめ!花以外のプレゼントを選ぶポイントと相場は?

      2017/02/21

 

 

 

 

母の日のプレゼントの定番と言えば、

カーネーションを始めとしたフラワーギフトがあります。

 

ですが、たまには趣向を変えて違うものをプレゼントしたいということもありますよね?

 

そこで悩むのが何をプレゼントすればいいのかです。

改めて考えてみると、お母さんの趣味が分からないことも多いものです。

 

そこで、今回は、花以外でおすすめの母の日プレゼントについてご紹介します。

 

関連記事:母の日のプレゼントに食事を!外食or自宅?オススメのお店と予算や予約のポイントを教えます

関連記事:母の日のプレゼント「いらない」と言われたら贈らない?形のないプレゼントでもお祝いは出来ます

 

母の日に花もいいけど、こんなものもおすすめ!

 

◯ お菓子類は失敗が少ない

プレゼント選びに自信がない、色々考えても全く浮かばない時におすすめしたいのが

お菓子、スイーツです。

 

甘い物が嫌いな人女性は少ないですよね。

 

初めてプレゼントする時にもピッタリですし、そんなに失敗がありませんね。

 

洋菓子なら、

 

・バームクーヘン

 

・クッキー

 

・チョコレート

 

・マドレーヌ

 

など、日持ちが長いものも多いので安心して贈れます。

 

また、和菓子系も素敵です。

和菓子には季節を感じられるものが多いので、形や造形にこだわったものを選ぶと良いですね。

 

定番の羊羹やおかき類でも、綺麗なものがたくさんあります。

 

◯ 洋服や身に付けるもの

洋服や身に付けるものなら、使う機会も多いので贈る側も嬉しくなります。

 

・エプロン…お料理が好きなお母さんにおすすめ

自分ではあまり買わないものなので、おしゃれなものを選んであげてください。

 

・日傘、日よけ手袋、帽子…5月はちょうど日差しが強くなり、紫外線が気になり始める時。

プレゼントしたらすぐに使ってもらえます。

 

・スカーフ…これも紫外線対策やこれからの冷房対策に便利です。

高齢になると首回りが気になるので、喜ばれます。

 

顔色がきれいに見えるように、明るい色を選んでくださいね

 

・アクセサリー…ネックレスやイヤリングなど気軽に使えるシンプルなものに失敗が少ないです。

 

◯ 美容グッズ

いつまでも元気できれいでいてほしいという気持ちを込めて、美容グッズを贈るのもいいですね。

 

化粧品は、アレルギーや肌質の問題もあるので贈るのに注意が必要です。

 

基礎化粧品をプレゼントするなら通常サイズのものではなく、

小さいボトルがセットになったようなポーチ付きキットがおすすめです。

 

ハンドクリームや1回使い切りのフェイスパックなら、プレゼントにも適していますよ。

 

デパートコスメのブランド、海外ブランドからもハンドクリームが出ています。

パッケージも高級感があるので、プレゼントをする人も多いですよ。

 

 

温泉やお風呂が好きなら、バスソルト、入浴剤などもアリです。

 

花以外のプレゼントを選ぶポイントは?

 

◯ お母さんの趣味に合ったものを

プレゼント選びの一番の重要な条件は相手が喜んでくれることですよね。

 

どんなものでも喜んでくれるとは思いますが、

せっかくならお母さんの好み、趣味、希望に沿ったものを選びたいですよね。

 

日々の会話やお母さんの行動(読んでいる雑誌、よく行くお店など)、食べ物の好き嫌いを観察してみてください。

 

あまり良く分からないなら、一緒に買い物に行ってみるのもいいですよ。

 

「サプライズ感が無くなるのでは」と思うかもしれませんが、

一緒に買い物に行く、出かける、ということはお母さんにとって何よりの嬉しいものです。

 

特にアクセサリーや洋服を選ぶ時は、デザインの好みはもちろん、サイズの問題もあります。

買い物に一緒に行って、楽しい時間を共有してくださいね。

 

◯ 特別感のあるプレゼントを

プレゼントには、日常使っているものをあげるのは避けるのが無難です。

 

贈り物は特別感があってこそ、意味があります。

 

いつも使っているものをランクアップさせたプレゼントならいいのですが、

日々使っているものの補充のようなプレゼントは、ちょっと味気ないですよね。

 

例えば、毎日使う日傘ならブランドやデザイン性の高いもの、ハンドクリームなら香りが素敵なものなど、

いつもは購入しないようなものを選ぶようにしてくださいね。

 

◯ 手紙を忘れない

プレゼントで忘れてほしくないのが手紙です。

 

日頃、なかなか感謝の気持ちを伝えることってありませんよね。

 

ちょっとしたメモ紙ではなく、きちんとメッセージカードや便箋で手紙を書いてプレゼントに添えてみましょう。

食べ物や化粧品などは時が経てばなくなってしまいますが、手紙はずっと残ります。

 

子供からの手紙を大切に保管している人は、とても多いんですよ。

やっぱり一番うれしいのは気持ちですね。

スポンサードリンク

 

プレゼントの相場は?

 

何を選ぶか、誰が贈るのかなどによって変わってきますが、

プレゼントの相場金額は3000~5000円になっています。

 

この金額は、「これぐらいの金額の物を購入しなければプレゼントにならない」という事ではなく、

この予算があれば選ぶ範囲が広がり、ある程度のものが購入できるということです。

 

これ以下だからよくない訳ではありません。

 

母の日は毎年あるので1回だけ豪華にするのではなく、忘れずに贈ることに意義があります。

 

その年代や色々なケースで予算も違って当たり前なので、

自分や相手も負担に感じない予算にすることが肝心ですね。

 

まとめ

 

毎日とっても忙しいのに、感謝される機会が少ないお母さん。

 

母の日はその感謝を述べて、ありがとうの言葉でお母さんを癒してあげる日です。

 

一生懸命に選んだギフトを贈れば、金額は関係なく、

「覚えてくれたんだ」と感謝の気持ちを伝えてもらえた事が、一番のプレゼントになります。

 

喜ぶ顔を想像しながら、色々探してみてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事 , , , , , ,