情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

こいのぼりを飾る時期は?集合住宅の場合はどうすればいい?子どもに飾る理由を訊かれたら説明できますか?

      2017/02/23

 

     

 毎年、5月のこどもの日が近づくと、こいのぼりを見かけますよね。

 

元気に泳ぐこいのぼりを見ると、さわやかな気分になるものです。

最近は住宅事情の変化からかサイズが小さくなったりして、こいのぼりも変わってきました。

 

集合住宅では、近所を気にして飾る人も少なくなり、

こいのぼりの意味も知らない人が増えていて、少し残念な気もします。

 

今回は、こいのぼりを飾る時期や場所、マナーや由来などについてご紹介します。

 

関連記事:子どもの日の兜は誰が買う?相場やお下がりを譲ってもらうのはどうなの?

 

こどもの日 こいのぼりの飾る時期は?飾る年齢制限はある?

 

◯ 4月中旬ごろから飾る

こいのぼりを飾る時期には地域によって違いがあり、この日に飾るという決まりはありません。

 

一般的に見て、暖かくなってきた4月の中旬頃に飾る傾向があります。

 

遅くとも、4月の下旬には飾るようにしてください。

日柄の決まりはありませんが、大安の日に飾る人もいます。

 

片付ける時期も決まりがありませんが、5月5日を過ぎたら片付けるケースが多いです。

 

地域によっては5月いっぱい、6月の中旬まで飾ることもあり、片付ける日柄も大安を選ぶ場合があります。

 

◯ 子どもが何歳になるまで飾るの?

小さいうちは、子供もこいのぼりをみて喜んでいましたが、

成長するとそれほど関心も示さなくなり、飾っていいものか悩みますよね。

 

こいのぼりに年齢制限はなく、それぞれの家庭の考え方で決めても問題はありません。

 

ただし、7歳もしくは15歳までという説はあります。

 

昔は子供の死亡率が高く、7歳まで成長する子供が少なかったのです。

なのでこの年齢を過ぎれば大丈夫とし、7歳を節目にする説です。

 

また15歳は元服を迎える年齢で、15歳をすぎれば大人なのでこいのぼりを飾らないという説もあります。

 

一般的には、小学校高学年になると、こいのぼりを飾らない人が増えてきます。

 

◯ 飾る場所に決まりはない

飾る場所や方角にも、特にありません。

 

敢えて言うなら、こいのぼりが元気に泳ぐ、です。

庭やベランダなどで見かけることが多いですよね。

スポンサードリンク

 

マンションなど集合住宅の場合はどうすればいい?

 

◯ マンションは飾ってもいいか、まず確認を

集合住宅に住んでいると、こいのぼりを飾っていいか迷うこともあるのではないでしょうか。

 

そんな時は、飾る前に管理会社や大家さんにこいのぼりを飾っても大丈夫か確認をしてください。

 

集合住宅によっては、禁止していたりサイズや飾る時間帯に制限があることもあります。

もし飾って良い場合でも、周りの家の邪魔にならない、洗濯物に付かないなどの配慮が必要です。

 

念のため、隣や下の住人に一言断りを入れておくと安心ですね。

 

◯ 集合住宅用のこいのぼりがある

集合住宅のこういった悩みを解消するために、

賃貸住宅でも飾れるベランダ用のこいのぼりも販売されています。

 

サイズが小さめでフェンスにポールを固定できるようにする金具、スタンドで設置できるタイプなどもあります。

飾れない場合は、室内用のこいのぼりもあります。

 

ちょっと寂しい気もしますが、飾らないよりはいいですね。

 

子どもにこいのぼりを飾る理由を訊かれたら説明できますか?

 

こいのぼりは子どもの成長を祝うためのものですよね。

 

もし「どうして、コイを飾るの?」と訊かれた時うまく説明できますか?

親ならビシッと答えたいものです。

 

子どもに質問された時にはこんなふうに答えてくださいね。

「すごい!お父さん(お母さん)は何でも知ってるなぁ」

なんて思ってもらえるかもしれませんよ?

 

◯ こいのぼりの由来

武士は長男が生まれると、出世を願ってのぼり(幟)という旗のようなものを飾っていました。

 

それを見た庶民が、自分たちも同じようなことをしてみたいという気持ちが湧いてきます。

 

庶民は、中国の「鯉が滝を昇って立派な竜になった」という言い伝えから、

子供に竜のように立派に成長してほしいという願いを込め、鯉を描いたのぼりを飾り始めます。

 

ちなみに「登竜門」という言葉もこの言い伝えから来ています。

これが、こいのぼりの始まりです。

 

今でも、家紋が入った武者のぼりとこいのぼりを一緒に飾っている家があります。

都心では見られませんが、田舎では見かけることが多いですよ。

 

◯ こいのぼりの色に意味はある?

今では、こいのぼりの色は

 

黒(真鯉)…お父さん

 

赤(緋鯉)…お母さん

 

青…子供

 

というようになっていますが、最初は黒の真鯉(お父さん)だけでした。

今の形になったのは明治時代以降です。

 

この色も中国から来ていて、五行という考え方から来ています。

五行とは、すべてのものは木・火・土・金・水の5つから出来ているという考えです。

 

「青=木」、「赤=火」、「黄=土」、「白=金」、「黒=水」を表します。

 

真鯉の黒は、全ての生命には水が必要であることから、存在感がある「お父さん」

 

緋鯉の赤は、色々なものを生み出す火のイメージから、子供を産み育てる「お母さん」

 

子供の青は、すくすく木のように成長したい願いを込めて、「子供」を表しています。

 

色にも、ちゃんと意味や願いが込められているんですね。

 

まとめ

 

時代と共に変化をしているこいのぼりですが、子供の成長を願う気持ちは変わっていません。

 

飾る家庭も少なくなっていますが、由来や意味も伝えつつ残していってほしいなと思います。

子供が小さい間は、成長を一緒に喜びながら飾っていきたいですね。

 

 

スポンサードリンク

 - マナー, 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事 , , , , , , , ,