情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

子どもの日の兜は誰が買う?相場やお下がりを譲ってもらうのはどうなの?購入時に揉めないためのポイントとは?

   

 

 

端午の節句に飾るものの一つに「兜」があります。

 

勇ましい雰囲気が漂う兜は、武将のようにたくましく成長してほしいという願う気持ちが込められています。

 

兜は高額なものが多いため、誰が購入するのか決まりや傾向などが気になりますよね?

また、最近では購入しない派もいるようです。

 

今回は、兜購入に関する疑問、相場や、誰が購入するのかなどについてご紹介します。

 

関連記事:こいのぼりを飾る時期は?集合住宅の場合はどうすればいい?

 

 子どもの日の兜は誰が買う?相場は?

 

◯ 誰が購入するかは地域によって違う

日本の昔からの風習では、母側の祖父母が購入するとされていました。

 

関東では、武家社会の流れから、父親の実家が買うケースもあります。

 

また、端午の節句にはこいのぼりも飾る習慣がありますよね。

こいのぼりは母親、兜は父親など、地域によって全く風習が違います。

 

どれが正しいか間違っているかではなく、

事前に話し合って、みんなが納得してから購入するようにしてくださいね。

 

 

◯ みんなで購入することもある

端午の節句には、兜の他にこいのぼり、五月人形を揃えることもあります。

 

一つ一つが高額なので、すべて購入するとなると負担もかなりのもの。

 

最近は、こいのぼりは祖父母だけが負担して、

兜は子供の親と祖父母とで折半するパターンなどもあり、本当に様々です。

 

それぞれの家庭の経済状況も違うので、購入するときには相談が必要ですね。

 

◯ 兜の相場は3~20万

兜は大きさやサイズも様々です。

 

小さめの物やガラスケースに入ったもの、

平置きができるものやディテールの細かいものと色々あり、価格の幅も広いです。

 

小さめサイズでガラスケース入りの物だと、3万円から購入できます。

 

反対にサイズが大きく、細工も立派なものになれば20万円を超えるものもあります。

 

相場はあって、無いようなものですが、一番人気の価格帯は5~7万円です。

比較的手ごろとは言っても5~7万円は結構な金額です。

 

事前にカタログで調べてから、自分の目で確かめて購入するのがベストです。

 

◯ 兜はそもそも必要?

端午の節句には、こいのぼり、五月人形、兜と揃えるものがたくさんあります。

 

その中でも、兜は、

 

・収納場所を取る

 

・重たい

 

・子供が怖がる

 

・飾る場所がない

 

・こいのぼりを飾るから必要ない

 

などという考えから、購入しない人も増えています。

 

子供の成長を願うためのものですが、半分迷信のようなところもあるので、

購入しないという選択があっても問題はありません。

 

それぞれの家族のお祝い、成長の願い方をしてあげて下さいね。

スポンサードリンク

 

お下がりを譲ってもらうのはいい?

 

◯ 兜の意味を考えるとあまりよくない

「兜はお父さんが飾っていたものを使えばいいわよ」

 

などと言われるとちょっと考えてしまいますね。

 

兜は、色々な厄から子供を守るという意味があります。

引き継ぐことは、以前もっていた人の厄を受け継ぐという意味になってしまいます。

 

地域によっては、神社などでお清めをしてから処分するほど、厄に慎重になるケースもあるんです。

 

そういう意味では、お下がりの兜ではあまり意味がないと言えます。

 

◯ 引き継ぐという意味ならありの場合も

中には、代々の兜を引き継ぐ家庭もあります。

それは、その家の考え方なので全く問題ないです。

 

兜の意味を考えても気にならないのではあれば、お下がりというより引き継ぐという意味で飾ると良いでしょう。

 

でも、やっぱり自分の子供には、新しいものをと思うこともありますよね。

そんな時は、少しサイズの小さいものを隣に飾るようにしてあげてください。

 

子どももきっと喜びますよ。

 

 

購入時に揉めないためには?

 

このような習わしは、地域や家庭でそれぞれの考え方や風習が違うことが多くあります。

 

時代の流れとともに、風習が変わることも考えられます。

購入するときには、事前に話し合いをすることが大切です。

 

お祝いをしてもらえるのはとても有難いことですが、自分の意見と大きく離れるのも納得できないですよね。

 

身内との相談ごとで揉めることは多く、一度起きると大変なことになることも珍しくありません。

 

意見が激しく食い違ってまとまらない時は、

兜を取り扱っている専門店に一般的な傾向や常識を聞くのも方法の一つです。

 

地域や祖父母の意見だけでなく、色々な情報や時代の流れを知っておくと満足できる兜を購入できます。

 

まとめ

 

兜の相場はかなり高めです。

祖父母に購入して貰えると嬉しいのですが、なかなか自分の意見を言うのも難しいですよね。

 

専門店の情報などを取り入れたり、一緒に見に行ったりして決めると素敵な兜が見つかるはずです。

 

みんなで大切な子供も成長を願ってあげてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 春行事 , , , , , ,