情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

雨の日に髪がうねってしまうのは?梅雨の時期の髪の広がり対策と前髪アレンジヘアを教えます

   

 

 

梅雨の時期や雨が多くなると、湿気で髪の毛が

 

・うねる

・まとまらず、広がる

・ぺちゃんこになる

 

など、大変なことに…

 

このままでは恥ずかしくて外に出られないので、何とかしたいですよね。

今回は、梅雨の時期の髪の毛のさまざまな悩みを解決する方法や、

ヘアアレンジなどをご紹介します。

 

雨が降ると髪がうねって、まとまらないのはなぜ?

 

雨の時に髪の毛がうねったり、まとまらなかったり、逆にぺちゃんこになる理由は、

 

・湿度が高い状態が続く

 

・髪の毛が傷んでいる

 

の主に2つです。

 

髪の毛には、一般的に11~16%の水分が含まれています。

 

湿気が高いと髪の毛が水分を吸ってしまい、膨らんで真っ直ぐな状態が保てなくなります。

 

さらにカラーリングや紫外線などで髪の毛が傷むと、

髪のタンパク質が不足し、内部の構造が崩れてしまいます。

 

さらに、剥がれたキューティクルからも水分を吸収してしまうので、

一層クセやうねりが出やすくなってしまうのです。

 

梅雨の時期の髪の毛の広がり対策

 

◯ ドライヤー、ヘアアイロンの上手な使い方とは?

梅雨の時期の悩みを解決するためには、

ドライヤーやアイロンを何気なく使うのではなく、コツがあります。

 

特にドライヤーは上手に使うと、髪のうねりを解決するだけでなく、

髪に艶を与えることもできます。

ドライヤーの使い方のポイントは、「地肌をこするように乾かす」です。

 

○上手なドライヤーの使い方

1)頭の頂点の一番高いところから風を当て始める

 

2)分け目を崩すように、地肌をこすりながら乾かす

 

3)横の髪の毛も根元をこすり、髪の毛をたてるイメージで風を当てる

 

このように乾かすと、髪の毛がふんわり仕上がります。

 

髪の毛を洗った時にタオルを巻いたままにしておくと癖がつき、まとまらなくなります。

できるだけ早く、ドライヤーで乾かすようにしてください。

 

 

さらに、髪の毛に熱を与えるアイテムで、もう一つよく使われるのがヘアアイロンです。

 

髪を巻いたり、アレンジを加えたりする時に便利なアイテムですよね。

ですが、梅雨の時期はすぐに湿気を吸って、カールが取れてしまいますよね。

 

カールを持たせるためには、カールローションや仕上げのワックスやスプレーが便利です。

 

○ヘアアイロンの上手な使い方

1)巻く前にカールローションを振りかけて、しっかり乾かす

 

2)ブロッキングして、少量ずつ巻いていく

 

3)巻いたら、熱が取れるまで触らない

 

4)全体を整えたら、ワックス、スプレーなどの仕上げ剤を使う

 

髪質によって、仕上げ剤は向き不向きがあります。

 

髪の毛にコシがなく柔らかい人は、ワックスやクリームだと重くなってしまう傾向があるので、

ハードスプレーを全体、内側にもかけておくといいですよ。

 

 

◯ 忙しい朝にもできるスタイリング、ブローのコツは?

朝に髪の毛を洗ったり、アイロンで巻いたりする時間はなかなか取りにくいですよね。

 

ですが、忙しい朝でも簡単に髪の毛がまとまるテクニックがあります。

ポイントは、「根元を濡らし、乾かすこと」です。

 

基本的にはドライヤーの使い方とほとんど同じです。

うねりやまとまらない原因は、毛先よりも根元の生えクセです。

 

根元を修正するために、

水スプレーや寝癖直しなどを使ってスタイリングしていくとキレイに仕上がります。

 

○スタイリング、ブローのコツ

1)根元をしっかり濡らす

 

2)頭の高い位置から風を当て、こするように乾かす

 

3)乾いたら、ブラシを持ち、根元からドライヤーの風を当てながらブローする

 

根元からブローすることで、いい感じにふんわりとし、ツヤツヤになりますよ。

スポンサードリンク

 

◯ 梅雨の時期におすすめのスタイリング剤

髪のうねりは、湿気が大敵。

 

梅雨の時期に使うスタイリング剤は、

髪の毛をコーティングして余分な水分を吸収しないように、オイルがおすすめです。

 

 

水分が多いスタイリング剤を使うとうねりが悪化する原因にもなります。

また、髪の毛が傷んでいるとキューティクルが剥がれて、そこから湿気が入ってきてしまいます。

 

トリートメントやシャンプーは潤いを与えて、髪の表面のキメを整える効果があるものがおすすめです。

 

◯ 矯正縮毛メリット、デメリット

髪の癖やうねり対策に矯正縮毛をすることがあります。

 

矯正縮毛は、薬剤を使って髪をまっすぐにする方法です。

うねりが見違えるほど改善し、広がりも治すことができるので雨の多い時期にはぴったりの方法です。

 

しかし、次のようなデメリットもあります。

 

・費用が高い(パーマーの2~3倍)

 

・薬剤を使うため、髪が傷む

 

・継続してかける必要がある

 

などです。

 

矯正縮毛は出ている髪の毛だけを真っ直ぐにしています。

 

そのため新たに生えてきた髪の毛はうねりやすく、

根元だけがうねってしまうという変な髪形になります。

 

傷みを覚悟して継続して矯正縮毛をかけるならいいのですが、

梅雨の時期だけの対策にはあまりお勧めができません。

 

梅雨の時期だけ矯正縮毛をかける、というのなら前髪だけやるのがいいですよ。

同じように根元からうねってきますが、範囲も狭く切る頻度も多いのでそれほど心配がありません。

 

梅雨の時期にも負けない前髪アレンジはこれ

 

バックやサイドの髪の毛は比較的まとめやすいのですが、前髪は難しいですよね。

でも、次のようなアレンジなら誰でも簡単にすることができます。

 

それは、

 

・ポンパドール

出典:Life & Beauty Report

 

・ねじる

出典:Wha2up!?

 

・ピンでとめる

出典:Life & Beauty Report

 

・編み込み

出典:Wha2up!?

 

などのヘアスタイルです。

 

ひと手間加えるだけでおしゃれだけでなく、髪のうねりも解決できます。

ゴムとピンだけでできるアレンジなのでぜひ挑戦してみて下さいね。

 

まとめ

 

梅雨で雨が降っていて気分もどんよりなのに、髪が決まらないと更にへこんでしまいますよね。

 

私は髪がうねることは少ないのですが、

髪がすぐペしゃんとなり情けない状態になってしまいます。

 

こういった悩み解決するためには、丁寧にドライヤーで髪を乾かすのが基本です。

ドライヤーの使い方ひとつで、うねりが改善するだけでなく朝のスタイリングも楽になります。

 

また、髪が上手くまとまらない時は、アレンジをすれば大丈夫。

色々な方法があるので、梅雨時期も素敵なヘアスタイリングで過ごしたいですね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 美容健康 , , , , , , , , , , ,