情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

顔にたくさん汗をかくのはなぜ?対処法と改善法を紹介!顔の汗を止めるツボとは?

   

 

 

気温が高い日限らず、顔ばかり汗をかいてしまうと、困ってしまいます。

 

べたべたして気持ちが悪いし、女性なら化粧もドロドロに…

 

とっても、恥ずかしいですよね。

 

一体原因は何なのでしょうか、病気の可能性はあるのか、汗を抑えることはできるのでしょうか?

 

そこで、今回は、顔だけに汗をかいてしまう理由や対策についてご紹介します。

 

顔ばかりにたくさん汗をかくのはなぜ?

 

◯ 顔ばかりに汗をかくのはどうして?

 

暑い日や、体を動かすと、顔に汗をかくのはごく自然なことです。

 

でもそれほど暑くない、体は汗をかいていないのに、

顔だけ流れ落ちるように汗をかいてしまったら、ちょっと心配になります。

 

汗腺が体や手足の汗腺が活動しなくなると、放熱ができず、体温調節ができなくなります。

 

顔にある汗腺で体温の調整をしようとするため、大量の汗を出し、顔の汗腺の負担を大きくしています。

 

身体の汗腺が衰えてしまう原因には、次のようなものが考えられます。

 

◯ 運動不足やストレス

 

まず、考えられるのは運動不足です。

 

運動をせずに、汗をかく習慣がないと、だんだん汗腺が働かず汗腺が休んでしまいます。

 

身体を活発に動かしたときは、エリクソン腺から汗を出して体温を下げているのですが、

この汗はサラサラしています。

 

しかし、運動をしない時の汗は必要なミネラル分も含んでいるため、べたべたです。

 

強い緊張やストレスがる時も、顔にたくさんの汗をかきます。

 

急に汗をかくために、再吸収に間に合わず、べたべたの気持ちが良くない汗をかきます。

 

◯病気の場合もある

 

運動不足や、緊張だけでなく病気の場合もあります。

 

汗をかく病気としてよく知られているのが、多汗症です。

 

多汗症は交感神経が過敏になっているために起こると考えられています。

 

はっきりと解明されていませんが、遺伝によるものやストレスが原因のようです。

 

多汗症以外の病気の場合もあります。

 

例えば、

 

・甲状腺機能亢進症

 

・自律神経失調症

 

・更年期障害

 

・糖尿病

 

・大動脈瘤

 

・縦隔腫瘍(じゅうかくしゅよう)

 

などです。

 

単なる多汗症やストレスだけでなく、病気がひそんでいる危険性もあります。

 

顔汗以外に、動機や息切れ、食欲不振などがある場合は医師の診察を受けることをお勧めします。

スポンサードリンク

 

顔の汗を止めるには?対処法と改善法はこれ!

 

「顔汗は恥ずかしい」、そんな時にはすぐにでも汗を抑えるグッズを使うと便利です。

 

◯ 顔の汗を押さえる制汗剤

 

脇や足だけでなく、顔用の制汗剤があります。

 

身体用の制汗剤では、スプレーがよく使われ、顔にシューっとしたくなりますが、刺激が強すぎるため危険です。

 

必ず、体用の制汗剤を使うようにしましょう。

 

◯ 汗を止める方法

 

首の後ろを冷やし、汗を体から逃がすことで、汗を抑える、ひかせる方法もあります。

 

首の後ろには、太い血管があります。

 

その部分を冷やせば、冷えた血液が体中をめぐるため汗を押させることが期待できます。

 

汗が引いていくだけでなく、頭や体がすっきりとして気持ちがいいですよ。

 

人前に出ると、ストレスや緊張で顔汗をかいてしまうことも。

 

深呼吸をして、緊張を収めることで汗が引いていくこともあります。

 

「汗をかいてしまうことは恥ずかしい」「早くとまれ!」と思ってしまうと、余計に汗をかいてしまいます。

汗は当たりまえと割り切ることも必要ですよ。

 

◯ ストレスを発散する

 

日常的に運動をしたり、ゆっくりお風呂に入ったりすることで、緊張が解けていくことも多いです。

 

発汗を促すため、汗腺が鍛えられ、顔汗も改善していく傾向があります。

 

◯汗を促す食べ物を控えることもポイント

 

汗をかきやすい人は、食べ物に気を付ける工夫も必要です。

 

よく、言われる汗をかきやすい食べ物は

 

・唐辛子

 

・カレー粉などのスパイス類

 

・ショウガ、ニンニク、ネギなどの薬味

 

です。

 

この他にも、意外なものとして、お肉、牛乳、乳製品などのタンパク質も汗を促す食べ物です。

 

これらの食品には脂肪酸といって、汗腺を刺激する成分が含まれています。

 

さらに、汗のにおいを強くする傾向もあります。

 

貧血や肌荒れの防止に役立つ食品ですが、取り過ぎには注意が必要です。

 

すぐに実践可能 顔の汗を止めるツボとは?

 

・冷やしたいけど、手元に冷たいものがない

 

・顔に制汗剤を付けて荒れてしまう

 

などということもありますよね。

 

こんなケースで試してほしいのは、ツボ押しです。

 

簡単に押せるツボを3つご紹介します。

 

(手のツボを刺激)

 

1)手のひらを上にして、手を開く

 

2)小指の付け根から腕に1.5センチほど下がる

 

3)この場所に陰ゲキというツボがある

 

4)親指でグッと押す

 

(胸のツボ)

 

1)胸の上、乳首の3~5センチほど上に屋翳というツボがある

 

2)人差し指が中指で優しく押さえる

 

(わきのツボ)

 

1)わきの真下に大包というツボがある

 

2)中指と人差し指でグッと握るように押す

 

どれも簡単にできそうですね。

 

人によって、効果があるツボも変わってくるので、色々試してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

顔の汗は気持ちが悪く恥ずかしいものですが、まず気にし過ぎないことが肝心です。

 

汗をかきそう、またはかいてしまったら、深呼吸をして気持ちを落ち着かせましょう。

 

日常生活でも、食べ物や運動、入浴などに気を付けることも必要ですね。

 

また、顔の汗が病気のサインである場合もあるので、

気になる症状がある場合は、早めに病院で診察を受けましょう。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , ,