情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

赤ちゃんはどうしてあせもができやすい?防ぐための対策は?

   

 

 

赤ちゃんの肌はすべすべであってほしいものですが、あせもができることも多いですよね。

 

あせもができると痒いため、掻きむしって肌を痛めている姿を見るとかわいそうになります。

 

赤ちゃんは自分でスキンケアをすることができないので、周囲の人が気を付けてあげる必要があります。

 

あせもも、同じです。

 

そこで、今回は赤ちゃんにあせもができやすい原因やあせも対策などについてご紹介します。

 

赤ちゃんのあせもは、なぜできやすいの?

 

◯ あせもができやすい理由や場所は?

赤ちゃんがまるでシャワーを浴びたかのように

汗びっしょりとなっているのを見たことがありませんか。

 

赤ちゃんは汗をかきやすいのですが、その理由は汗腺の数です。

 

生まれたときに汗腺の量は決まっていて、大人と赤ちゃんの汗腺の量は同じです。

 

赤ちゃんの体は小さいため、汗腺の密度が高くなり、体に対しての汗の量がとても多くなります。

 

さらに、新陳代謝が活発で、汗腺の機能が未発達なため、より汗をかき、あせもができやすいのです。

 

特に、あせもができやすい場所は

 

・首

 

・頭

 

・脇のした

 

・背中

 

・手足のくびれ部分

 

・お尻

 

赤ちゃんは汗をかいても自分で汗を洗い流したり拭いたりすることができません。

 

また、あせもは痒いため、赤ちゃんがかきむしってしまうことも多いです。

 

そこから雑菌が入り、とびひができて化膿する可能性もあるので、

防止するためには、大人が気をつけてあげることが必要です。

 

◯ 赤ちゃんは一年中あせもができやすい

汗をかきやすく、体温調節が未熟で自分でスキンケアができない赤ちゃんは、

1年を通して、あせもができやすいです。

 

中でも、気温が高い夏と、室温が高い冬は危険です。

 

さらに冬の室内は温かいのに、赤ちゃんには厚着をさせてしまうことが多いため、あせもができやすいです。

 

あせもは、夏のものだと思って、冬にケアを忘れてしまうとアッという間にあせもができてしまいます。

 

気候が原因ではなく、赤ちゃんの生活する場所の温度が高いことが原因になります。

 

◯ あせもとその他の湿疹を見分ける方法

赤ちゃんの肌トラブルはあせもだけではありません。

 

まだ、他の湿疹などもあり、とても似ているものも多いです。

 

よくあるのは

 

・乳児湿疹

 

・アトピー

 

です。

 

乳児湿疹は大人でいうニキビのようなもので、主に顔にできます。

 

アトピーはあせもと同じように赤いぶつぶつができます。

 

とてもよく似ていますが、

 

・痒みが強い

 

・赤く腫れ上がる

 

・皮めくれ

 

・かさぶた

 

・ジュクジュクしている

 

などの特徴があります。

 

専門の知識がないと見分けがつきくいことも多いので、皮膚科や小児科の診察を受けるのが確実です。

スポンサードリンク

 

できてしまったあせもの対処法は?

 

◯ あせもはどれぐらいで改善するの

痒そうなので、早く治ってほしいと思いますよね。

 

あせもの改善期間には、症状の程度によって差があります。

 

薬を使ったり、清潔に気を配ったりなどのケアをしていれば、多くの場合、1週間ほどで改善します。

 

しかし、あせもは再発が多いため、完治するころに、またあせもができることも…

 

気候も関係することなので、涼しい秋にならないと完治しないケースもあります。

 

◯ ベビーパウダーは予防に使う

お風呂上りにベビーパウダーを使うことも良くありますよね。

 

ベビーパウダーは肌をサラサラにする効果がありますが、これによってあせもが改善するわけではありません。

 

あくまでも予防策の一つです。

 

また、しっかり清潔にしてから使用しないと、汚れの上にパウダーを付けることになり、汗腺が詰まり、あせもが悪化する原因になります。

 

ベビーパウダーを使う時は、肌を清潔にし、しっかり乾かしてから薄く付けるようにしましょう。

 

◯ ボディーソープ、石鹸は低刺激タイプをしっかり泡立てて

 

赤ちゃんを洗う石鹸やボディーソープはもちろん専用の低刺激タイプを使います。

 

しっかり洗いたいとゴシゴシこすると、摩擦が刺激になって逆効果。

 

石鹸を十分にあわだて、その泡で優しく洗うようにしましょう。

 

そして、しっかり洗い流すことです。

 

肌に石鹸成分が残っていると肌荒れを起こすことが多いからです。

 

一日何回も石鹸で洗う必要はありません。

 

石鹸で洗うのは、一日1回、もしくはよっぽど汚れが気になる場合だけで十分きれいになります。

 

◯ お風呂に入る時の注意点

お風呂に入る時は、あまりに熱い湯船につからないようにしましょう。

 

お湯が熱すぎると、肌が乾燥したり、あせもの刺激なります。

 

少しぬるめのお湯で、首やひじの内側、足の付け根の皺の部分も丁寧に洗いましょう。

 

入浴後はすぐに衣類を着せるのではなく、しばらくして汗が引いてからにします。

 

また、汗をかいてあせもの悪化、再発を防ぐためです。

 

◯ 入浴後はローション、オイルを使って保湿を

あせもができている時や、気温が高い時期は保湿をする必要はないと思っていませんか?

 

実は、その逆です、

 

肌の保湿をすることは、赤ちゃんの肌をあらゆる刺激から守ってくれます。

 

肌のバリア機能を上げるためにも、ローションやオイルを使って保湿をしましょう。

 

ローションはべたつき感が少なく、オイルは塗った直後はべたつき、テカリが出ることもあります。

しかし、どちらもしばらくすれば肌に浸透していくため、正しい容量をまもって使うようにしましょう。

 

使用感で選べば良いのですが、オイルだと一緒にマッサージもでき、ちょっと便利です。

 

◯ 病院へ行くタイミングはいつ頃?

軽度のあせもならば、わざわざ病院へ行かなくても、多くの場合、ホームケアで改善します。

 

でも、このあせもが自宅で治るのか、病院で薬を処方してもらったほうが良いのか疑問ですよね。

 

例えば

 

・ケアしているのに、2週間しても症状が改善しない

 

・ジュクジュクしてきた

 

・かゆみが強い

 

・大きなかさぶたのようなものがある

 

などの場合は悪化ししまったか、あせもではない可能性もあります。

 

皮膚科や小児科に行けば、ステロイド剤を処方されることが多いです。

 

ステロイド剤と聞くと副作用の怖い薬と思っているかもしれませんね。

 

しかし、正しい量と、使用期間をまもれば心配することありあません。

 

副作用を心配する前に、薬を正しく使い、できるだけ早く完治してくださいね。

 

赤ちゃんのあせもを防ぐために日常で気を付けることは

 

あせもの原因は、季節や外気温だけではありません。

 

赤ちゃんの洋服を確認してみましょう。

過剰に厚着をさせていませんか?

 

夏はそれほどでもないのですが、冬になると風邪をひかせてはいけないと厚着をさせることが多いようです。

 

赤ちゃんは大人よりも体温が高いため、衣類が1枚分少ない程度でいいのです。

 

背中を触っていて、汗で冷たいようなら着せすぎです。

 

1枚衣類を減らすようにしましょう。

 

また、清潔を守るためにも、衣類、特に下着を取り換えることは大切です。

 

汗をかく時期は1日5~6回も着替えが必要である場合もあります。

 

特に、夏に、抱っこ紐でお出かけしていると、かなり汗をかいてしまいます。

 

専用のジェルを入れるクッションや、ガーゼハンカチを1枚背中に入れるなどの工夫をしましょう。

 

着替えをしないのは、汗の洋服を着せているだけなので、下着は特に取り変えるようにしましょう。

 

洗濯が少し増えてしまいますが、これもあせも予防の一つです。

 

室内にいる場合は、エアコンなどで快適な温度にするのもポイントです。

 

汗を全くかかかないのは、よくありませんが、必要以上の汗をかかないように注意が必要です。

 

まとめ

 

実際の話ですが、あせもが悪化してとびひになってしまい、飲み薬までもらったことがあるんです。

 

室内の空調にも気を付けていたのですが、髪の毛まで意識が回らず、頭が可能してしまいました。

 

薬を使えば1週間もしないうちに治りましたが、とてもかわいそうでした。

 

あせもなんて、そのうち治るではありません。

 

たかが、あせもではなくされどあせもです。

 

頭の先から、足の先まで清潔を保ち、赤ちゃんがあせもでかわいそうな思いをしないようにしてあげてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , , , , , ,