情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

臭わない汗になるには?汗っかきは、体質を変えることで改善できる!

   

 

 

汗っかきだと、大量の汗とその臭いに悩んでしまいますね。

 

気温の高い日はもちろん、満員電車の中での汗には、周囲の目も気になってしまいます。

何とかして、汗の量を減らして臭いを抑えることが出来たらいいのに…と思いませんか。

 

そこで、今回は、汗の臭いを改善する方法や、汗っかきの体質完全についてご紹介します。

 

臭わない汗になるには体質改善を

 

汗は、「体の体温調節をするため」のもので、かいて当たり前のものです。

汗は多くは水分から出来ていて、それ自体臭うことはほとんどありません。

 

では、どうして臭うのでしょうか?

 

実は、菌が繁殖する以外にも

良い汗がかけていない、ドロドロした悪い汗をかいていることが原因になっている場合があります。

 

汗は血液からできていて、ミネラルなどの成分をろ過したものが汗です。

 

ドロドロ汗は、ミネラル分がろ過できていないため、臭いや粘りが強く、

なかなか蒸発しないので、いつまでも、べたべたしています。

 

◯ 汗腺を鍛える

べたついて臭う汗をかいてしまうのは、全身の汗腺機能が衰えているためです。

 

そのため、ドロドロした汗ができます。

 

さらに、体の一部分だけで汗をかくと蒸発するまで時間がかかり、

肌にいつまでも残るため、不快感も増します。

 

汗腺を鍛えるには、意識的に汗をかき、全身で汗をかけるようにすることです。

 

例えば、

 

・エアコンの使い過ぎを控える

 

・設定温度を上げる

 

・足湯をする

 

・岩盤浴、サウナ

 

・温かいものを飲む

 

などです。

 

足湯をするだけで、汗腺が鍛えられるのか?と不思議に思うかもしれませんね。

 

冷え性だと、汗腺が鍛えられていないため、汗が臭う傾向があります。

末端を冷やすことで、温かい血液が流れるため、全身が温まり、汗腺を鍛えることができます。

 

 

 

サウナでも、たくさんの汗をかくので感染を鍛えることができます、特におすすめなのでは岩盤浴です。

 

岩盤浴では遠赤外線とマイナスイオンがあるため、サラサラの汗になり、臭いが少なくなります

スポンサードリンク

 

◯ 汗の臭いを抑える、体の洗い方は?

汗の臭いを抑えるための、体の洗い方のポイントは、

 

「洗い過ぎない」

 

ということです。

 

臭いを抑えるためには、しっかり洗わなければ・・・というのは実は、逆効果。

 

皮膚の表面には体に必要な菌も存在しているのですが、洗いすぎることでそれらも流し過ぎてしまいます。

その結果、黄色ブドウ球菌などの悪い菌が増えて臭いの原因になります。

 

また、たくさんの石鹸を使うと流し残しも気になります。

 

石鹸はアルカリ性のため、肌に残ってしまうと、悪い菌が増えやすいのです。

石鹸は、できれば天然素材で作られたものを利用し、しっかり泡立ててその泡で落とすようにしましょう。

 

 

◯ 汗の臭いを抑える食品

汗の臭いを食品から摂れる栄養素で押さえることもできます。

 

例えば、

 

・大豆食品

 

・緑黄色野菜…汗が酸化し、臭いが強くなるのを防ぐ

 

・海藻…汗によってうしなわれたミネラルを補給

 

・炭水化物…タンパク質や脂質に比べて、発汗量が少ない

 

などです。

 

反対に、

 

・ニンニクなどのネギ類

 

・乳製品

 

・肉類

 

・香辛料

 

などは、汗が臭くなりやすいので避けるようにしましょう。

 

◯ 水分をしっかり摂る

汗をかいてしまうからと言って、水分を摂らないのはよくありません。

 

水分が減ると、血液は濃くなりドロドロになります。

 

ドロドロになるということは、

それだけミネラル分の濃い血液が流れているということなので、臭いも強くなりがちです。

 

臭が強くなるだけでなく、血栓ができたりして、体に悪影響を与えかねません。

水分は常温のものを、こまめに取って、汗の臭いを抑えるようにしましょう。

 

 

汗っかきは、体質を変えることで改善できる

 

できることなら、改善したい汗っかき。

 

すぐにとは言えませんが、次のような方法で改善が期待出来ます。

 

◯ ぬるめのお湯でリラックスする

38度程度のぬるめのお湯で半身浴をすると、

新陳代謝が上がり、サラサラ汗をかきやすい体質に近づくようです。

 

ポイントはぬるめのお湯

 

ゆっくり、浸かることで、自律神経が整い、汗の調節もバランスが取れていきます。

副交感神経が働き、体がリラックスします。

 

汗っかきはストレスが原因の一つですが、

ぬるめのお湯に入ることで副交感神経が働いて、緊張も取れやすくなります。

 

◯ 減量、体脂肪を減らす

「太っている人=汗っかき」というイメージが強いですよね。

 

イメージ通り、肥満体型だとたくさんの皮下脂肪のため、熱が外に出づらくなってしまいます。

熱が体の中にたまるため、体温を調整しようとして汗をかきやすくなります。

 

肥満を解消するためには、運動と食事制限をしなくてはなりません。

 

運動をすれば、体重や皮下脂肪が減ると同時に、汗腺が鍛えられるなどメリットがたくさんあります。

 

◯ 冷房の使い過ぎをやめる

汗腺を鍛えるところでも少しお伝えをしましたが、冷房の効いた部屋で過ごすことが多いと

汗腺の機能が衰えて、反対に汗っかきになることがあります。

 

特に、顔だけ、脇だけなど、一定の箇所だけに汗をかくことが多いです。

 

冷房の効いた部屋にずっといると、冷え起こす危険性もあるため、適温を保つようにします。

エコや、体のためには、少し高めの28度がおすすめです。

 

◯ 冷たいものを取り過ぎない

汗をかくと、冷たいものを食べたり、飲んだりして体の冷やしたくなりますよね。

 

しかし、これが大量の汗になっている可能性もあります。

 

汗かきの人は、もともと水分を体にためこみやすい傾向があります。

大量の水分を摂ると、上手に代謝できずに水分が体にたまり続け、冷えやむくみの原因になります。

 

特に、冷たいものは体を冷やしたり、内臓の負担になります。

もちろん、汗で失った水分を補うことは大切なことです。

 

全くとらないのも危険なので、一気に大量の水分をとるのはやめておきましょう。

 

まとめ

 

汗っかきの体質を改善するためには、衰えた汗腺を鍛えることが必要です。

 

・運動

 

・入浴

 

・日常生活の改善

 

・減量

 

・エアコンの温度設定

 

などが、汗腺を鍛える効果があるようです。

 

まずは、できることから始めて、汗っかきを改善していきましょうね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , , , , ,