情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

冷房病とは?症状が出る原因と職場で冷房病にならないための対策を知ろう

   

 

 

エアコンが効いた部屋で、快適に過ごしているはずなのに、何となく体調が良くない…

 

そんな症状が気になるなら、もしかしたら「冷房病」かもしれません。

 

エアコンは、暑い時期に欠かせないものですが、

使い方を間違うと、体に悪影響を及ぼすことがあります。

 

冷房病を防ぎ、暑い時期を快適に過ごすためには、原因を良く知って対策を取ることが大切。

 

そこで今回は、冷房病の原因や症状、予防策などについてご紹介します。

 

冷房病とは?どんな症状が出る?

 

冷房病とは、冷房が強く低温の部屋に長時間いることで起こる、様々な症状のことです。

 

正式な病気ではありません。

 

簡単に言えば、冷房で起こる冷え性のようなものです。

 

しかし、症状は軽いものから、重度のものまで、様々で甘く見てはいけません。

 

軽度であれば、血流の低下から

 

・冷え

 

・頭痛

 

・むくみ

 

などを感じます。

 

中程度なら

 

・肩こり

 

・神経痛

 

・腰痛

 

・便秘

 

・頻尿

 

さらに重症化すると

 

・めまい

 

・ふらつき

 

・イライラ

 

・疲労感

 

・食欲不振

 

・不眠

 

・鼻炎

 

・月経不順

 

・嘔吐

 

などが起こります。

 

冷房病の症状が出る原因とは?

 

◯ 冷房病の原因は

冷房病は外気温と室内の温度の差が大きくなり、自律神経が乱れることが原因です。

 

激しい温度変化に、身体が付いていけなくなってしまうのです。

 

一般的には温度差が5度以上になると、自律神経が乱れて冷房病が起こりやすくなります。

 

自律神経は

 

・交感神経…活発に体を動かす、体温をさげる神経

 

・副交感神経…リラックスの神経で、体温を上げる神経

 

の2つで出来ています。

 

冷房が効いている部屋では、交感神経が働き涼しい部屋で体温をさらに冷やします。

身体が冷えた状態で、休憩などで暑い屋外に出ると、今度は副交感神経が働き始めます。

 

しかし、気温差が5度以上あれば副交感神経が上手く働かず、身体は耐えることができなくなります。

 

夏は冬と違って、とても薄着になっているため、

冷えやすく温度変化に対応できない傾向があります。

 

◯ ストレスや運動不足も原因

冷房病の一番の原因は5度以上の気温差ですが、

ストレスを感じると身体が冷えやすくなるため、冷房病になりやすいケースも多いです。

 

冷房の効いた部屋に居続けるストレスや、自分で空調の温度を変えることができない事も、

冷房病を悪化させる原因になります。

 

また運動不足で筋力が不足していると、熱を発することや

血液を全身に行き渡らせることが難しくなるため、冷えが起こりやすいことも原因の一つです。

 

◯ クーラーの設定温度は25~28度に

夏の気温は30度から32、3度になることが多いので、気温差から考えると

 

「最適な温度設定は25~28度」

 

になります。

 

体感温度は個人差があるため、

この温度設定だと暑いと感じる人もいるかもしれませんが、次第に慣れてきます。

 

反対に低い温度設定にしていると、涼しさに慣れてしまいさらに温度を低くする場合もあります。

 

身体のことを考えて、設定は25~28度にするようにしてください。

スポンサードリンク

 

職場で冷房病にならないための対策とは?

 

冷房病対策にはエアコンの温度設定が一番ですが、職場では自由に設定できないこともありますよね。

 

そんな時は、次のような方法がおすすめです。

 

◯ 上着、ひざ掛けなどで体を温める

温度設定ができない場合は、自分で自分の体を温めるしかありません。

 

・カーディガン

 

・ひざ掛け

 

・マスク

 

・靴下、レッグウォーマー

 

・腹巻

 

・カイロなどの温めるもの

 

などを使うようにします。

 

ひざ掛けが一枚あるだけで、かなり寒さが和らぎます。

 

またお腹が冷えると、腹痛や吐き気が起こりやすくなるので、

腹巻、カイロなどでお腹周りを温めると随分楽になりますよ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーガニックコットン腹巻 2枚組 【レディース】
価格:1080円(税込、送料別) (2017/6/20時点)

 

 

 

◯ 温かいものを食べる、飲む

夏は、冷たくて、あっさりしたものを食べたくなりますよね。

 

ですが、飲み物は温かいものを飲むようにして、身体を冷やす食べ物の摂り過ぎにしましょう。

 

キュウリ、トマトなどの夏野菜は、身体を冷やします。

量を加減するか、加熱して食べて冷えを予防するようにしてくださいね。

 

また、食欲がなくなる時期ですが、

朝食を抜くと体が冷えてしまうので、朝はきちんと食べるようにしましょう。

 

◯ 程度な運動をする

冷房の効いた部屋にいる時は、1時間に1度程度でいいので、

手足を動かして全身に血流が流れやすくなるようにしましょう。

 

・少し歩く

 

・屈伸

 

・足首を回す

 

・手をグー、パーと動かす

 

などを行い、自律神経のストレスを解消するようにしてください。

 

◯ お風呂に入る

冷房の効いた部屋で、1日過ごしていると、身体は想像以上に冷えています。

 

つい、暑いから、面倒だからとシャワーで済ましていると、

身体を温めることができずに全身の血流が元に戻りにくくなります。

 

できるだけ湯船につかり、足先をマッサージして全身に血液が流れるようしてあげてくださいね。

 

まとめ

 

冷房病は、悪化すると嘔吐、疲労感、病気にもなりやすくなります。

 

夏だけのことだからと軽く考えていると、暑い時期を乗り越えることができません。

秋になり、体調を崩す、風邪をひきやすくなる危険性もあります。

 

温度設定を適温にし、上着やひざ掛けで、身体を温めるように心がけることが大切ですね。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , ,