情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

赤ちゃんのプール遊びはいつ頃から?自宅、公共施設でのプール遊びの注意点を要チェック

   

 

 

暑い時期なると、赤ちゃんにも水遊び、プール遊びをさせてあげたいですよね。

 

赤ちゃんでも、ある程度の月齢を過ぎればプールに入ることができます。

 

でも、まだまだ小さい赤ちゃんの水遊びには、危険や注意すべきことがたくさんあります。

 

今回は、赤ちゃんのプール遊びが可能な時期や安全に楽しく遊べるポイントについてご紹介します。

 

赤ちゃんはいつ頃からプールに入れる?

 

◯ 自宅ならお座りができる6か月ごろから

自宅でプール遊びをする場合は、首が座り、お座りが上手にできるようになる6か月ごろからにします。

 

赤ちゃんによって、成長に個人差があるため、

6か月を過ぎてもお座りが安定しない場合は、プール遊びは避けるようにします。

 

また、生活リズムがある程度整ってから遊ぶほうが、赤ちゃんも楽しめます。

 

◯ 公共のプールは施設に確認を

兄弟がいると、大きなプールに連れていってあげたいと思うこともありますよね。

 

公共のプールでは、施設ごとにルールが違うため、まず確認をとるようにしましょう。

 

プールによって

 

・1歳未満、年齢別のプールがある

 

・水遊び用のオムツを履いていればOK

 

・オムツが取れていないとダメ

 

など、規則に幅があります。

 

また、他の利用者への配慮も必要です。

 

水遊び用のオムツは、うんちが水の中に流れていくのを防ぐためのもので、

通常のオムツのような吸水力がありません。

 

つまり、おしっこをしてしまうと、それが水の中に流れて行ってしまうのです。

そのため、赤ちゃんと同じプールに入るのを嫌がる人もいます。

 

赤ちゃん専用プール以外で遊ばせる場合は、

オムツが取れて自分でトイレにいける3歳以降にするのがいい場合も多いです。

スポンサードリンク

 

自宅でプールに入れる時の注意ポイント

 

◯ 時間帯、水温のポイント

水遊びをするなら、午前中、朝食を食べて2~3時間たった10時頃ぐらいがおすすめです。

 

午後になると気温が上がり、紫外線が強くなるため日焼けや熱中症の危険が増すためです。

また、お昼寝の時間と重なるケースもあります。

 

水温は、手を入れて「ぬるい」と感じる、25度程度にします。

 

天気が良ければ、朝の8時頃からプールに水をためて2時間ほど置くとかなり水温が高くなっています。

 

◯ 日焼け対策をしっかりと

赤ちゃんの肌はデリケートなので、紫外線の影響を受けやすいです。

 

・日焼け止めを塗る

 

・ラッシュガードを着せる

 

・Tシャツを着せる

 

・水に入る時は日よけをつかう

 

などで、対策しておきましょう。

 

 

◯ 目を離さない、こまめに体調をチェック

プール遊びをさせているときには、そばを離れず様子と体調を常に 気を付ける必要があります。

 

赤ちゃんは、水深10センチもあれば溺死の危険があります。

 

お座りが安定しているとしても、いつ転倒し、顔が水につかってしまうかわかりません。

 

気温が高く、水がぬるくても水遊びは体力を消耗させ、身体を冷やします。

連続で遊ばせるのは10分ぐらい、休憩を挟みながら30分ぐらいから始めるようにしましょう。

 

水遊びが終わった後は、お湯で体を温めてあげてから服を着せ、

水分補給をさせてから十分に休ませてあげてくださいね。

 

公共プールに入れる時の注意ポイント

 

◯ 時間帯は午前中

自宅のプールと同様、紫外線や気温も高さを考慮して、午前中がおすすめです。

 

兄弟とプールに行き、午後も遊ぶ場合は無理をさせず、できれば日陰で休ませましょう。

 

◯ プールに入った後はすぐに洗う

公共のプールは殺菌、感染予防のため塩素が入っていることがほとんどです。

 

赤ちゃんにとって、塩素は強い刺激になります。

水から出たとは、水着や衣類はすぐに脱がせて、シャワーでしっかり洗い流しましょう。

 

特に、首、脇、ひざの裏側、ひじの内側は汚れが溜まりやすいので念入りに洗います。

 

髪の毛や顔も忘れずに丁寧に洗っておきましょう。

 

◯ 準備しておくと良いものは?

 

・着替え

 

・オムツ

 

・水遊び用のオムツ(多めに)

 

・おしりふき

 

・タオル

 

・水分補給

 

・おやつ

 

は、最低限準備が必要です。

 

赤ちゃんお昼寝用布団や、身体をくるんだりするのに活躍するのが大きめのタオルです。

かさばってしまいますが、少し多めに持っておくと、とても役立ちます。

 

また、赤ちゃんが急にオムツ替えが必要になるケースはとても多いです。

 

・オムツ替えの場所を確認

 

・兄弟がいる場合は、その間監視する人を確保

 

しておくと安心です。

 

オムツ替えをトイレや授乳室以外でするのは、見た目にも悪いですし、

非常に不衛生なので、絶対にしないでください。

 

公共施設で遊ぶときの、マナーです。

 

まとめ

 

赤ちゃんでも、6か月を過ぎればプールを楽しむことはできます。

 

水遊びは赤ちゃんにとって楽しく、良い刺激にもなります。

ただし、大人が目を離さずに、安全と体調を管理することが大前提です。

 

水遊びをする赤ちゃんはとってもかわいいものです。

 

ぜひ、一緒に夏のプール遊びを楽しんでくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 夏行事, 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , , , ,