情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

手足口病とはどんな病気?大人が発症すると重症化?仕事は休んだ方がいい?

   

 

夏にかかりやすい病気に、手足口病があります。

 

手足口病は子供が集団感染しやすい病気ですが、

大人が感染してしまうことも少なくありません。

 

大人が感染した場合、症状は子供と違うのか、また仕事を休んだ方がいいのか疑問ですよね。

 

そこで、今回は、手足口病について、また大人が感染してしまったときの対処法をご紹介します。

 

手足口病とは?流行時期や症状はどんなもの?

 

手足口病は夏風邪の一つで、特に夏に発症しやすい病気です。

 

コクサッキーウイルス、エンテロウイルスが原因で、3~5日の潜伏期間の後、症状が出ます。

 

風邪は冬に発症するものと思いがちですが、実はそうではありません。

 

症状の一番の特徴は

 

「口内炎、手足の水疱性発疹」

 

です。

 

口内炎は強い痛みがあり、食事がしづらくなります。

 

これ以外には38度以下の発熱などが起こる場合もあります。

 

ちなみに、手足口病以外の夏風邪では

 

・ヘルパンギーナ

 

・プール熱

 

も、流行しやすい割合が高いです。

 

感染経路や治るまでの期間は?大人は重症化しやすい?

 

◯ ウイルスの感染経路は?

 

手足口病は

 

・飛沫感染

 

・接触感染

 

の2つが主な感染経路になります。

 

飛沫感染は、咳やくしゃみウイルスが巻き散らかされます。

 

ウイルスは、便の中にも含まれているため、

オムツ替えの時に感染するなどの、接触感染でウイルスが広がっていきます。

 

◯ 治るまでどれぐらいかかる?

手足口病には、特効薬がありません。

 

治療は、基本的に症状を緩和する処置を取りながら、自然治癒を待つことになります。

 

対処薬として、うがい薬や口内炎を治す薬、炎症を抑える薬、

高熱が出たときには解熱剤が処方されることが多いです。

 

一般的に、症状は1週間から10日間で治まります。

 

重症化してしまった場合は、2週間以上かかります。

 

症状が治まっても体内にウイルスが残っていて、

10日ほど(1か月の場合も)は他人に移す危険性があり、注意が必要です。

 

スポンサードリンク

◯ 大人が感染すると重症化しやすい

手足口病は、子供が感染しやすく、特に通常4歳ごろまでの幼児が感染しやすい病気です。

 

しかし、大人が感染する可能性もあり、感染すると重症化しやすい傾向があります。

 

例えば

 

・40度近い高熱(患者の3割ほど)

 

・指先のかゆみが強く、爪が剥がれる

 

・水疱性の発疹が消えるまで2~3週間かかる(子供の2~3倍の時間が必要)

 

・頭痛

 

・筋肉痛

 

・悪寒

 

 

などの症状がでてきます。

 

発症したら仕事はどうする?

 

子供が手足口病を発症した場合、法律で義務付けられているわけではありませんが、

学校も医師も欠席をすすめる傾向が強いです。

 

ですが、もちろん会社は出勤停止にはなりません。

 

手足口病は、発症してから完治するまでの期間が長く、その間会社を休むのは難しいです。

 

そのため、何日休むかは、個人の考え方によります。

 

例えば、

 

・高熱がでている

 

・激しい頭痛

 

・水疱が目立つ場所にできて、見た目が気になる

 

などの場合は、会社、医師に相談して欠勤を決めることになります。

 

しかし、出勤する場合には、他人にうつす危険性があることを忘れてはいけません。

 

飛沫感染でウイルスをまき散らしてしまわないように、勤務中はマスクを使用するようにしてください。

また、接触感染を防ぐためにも手洗いをしっかりするようにしてください。

 

 

まとめ

 

手足口病は、発症すると、口内炎が痛み、食事をすることもできなくなります。

 

出席や出勤停止にはなりませんが、他人にうつしやすく、感染を広げやすい傾向があります。

完全に防ぐことは難しいですが、感染を防ぐためにはマスクと手洗いを徹底することが肝心です

 

大人も子供もしっかり手洗い、うがいやマスクで夏風邪対策をし、暑い夏を乗り切りましょうね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活, 美容健康 , , , , , ,