情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

熱帯夜もぐっすり眠りたい!冷房を使わず快適に過ごす方法や暑さを和らげるグッズはこれ

   

 

 

熱帯夜が続くと 睡眠不足が積み重なって、疲れが取れませんよね。

 

涼しくしようとエアコンや扇風機を使っても、

寝起きがだるかったり、実は危険と言われたりして一体どうすればいいのか困ってしまいます。

 

熱帯夜を快適に過ごすには、

エアコンや扇風機の使い方を工夫したり、暑さ対策グッズ上手に使うことが大切です。

 

今回は、熱帯夜を快適に過ごす上手なエアコン・扇風機の使い方、おすすめグッズなどをご紹介します。

 

熱帯夜もぐっすり眠るための冷房機器の使い方

 

◯ 設定温度は26~29度、寝る前に除湿

熱帯夜を涼しくするには、冷房を利用するのが一番です。

 

ですが、ただ使うだけでは体に負担がかかり、

寝起きがだるくなったり、体調を崩したりしてしまいます。

 

上手に使うポイントは

 

・設定温度

 

・使う時間

 

です。

 

まず、設定温度は26~29度が適しています。

 

寝ている間は、体の熱を発散する傾向があり、体温が下がりやすいです。

 

そのため、涼しさを求めて24,25度にしてしまうと体が冷えすぎてしまうのです。

 

それを解消しようとタイマーを使い、

しばらくすると冷房が止まる設定にしていることも多いですよね。

 

確かに、体温の下がり過ぎは防げますが、

壁や天井、冷房は想像以上に熱を持っているため、すぐに室温が上がることに。

 

暑ぐるしさで不快感が強くなり、眠りを妨げてしまう可能性があります。

 

タイマーを使って途中で切れる設定より、やや高めの温度で一晩中付けていたほうが過ごしやすいです。

 

部屋全体が涼しくなるように、扇風機やサーキュレーターで空気を循環させるのもいいですね。

 

冷房を使う時間を気にするなら、

就寝時間の3時間前に部屋を除湿し、眠りやすい環境を作っておくことがポイントです。

 

 

◯ お風呂は眠る1~2時間前に

眠りに入る準備をすると、体温は下がる傾向があります。

 

入浴の直後は体温が高く、発汗もあるため、眠りにつきくいです。

 

夏場は、特に昼間は冷房の中で過ごすことが多いため、身体が冷えてしまっています。

 

しっかり温め、体温が適度に下がってきたころに就寝するとぐっすり眠れることが多いですよ。

 

◯ ハッカ風呂で涼しくなる

アロマショップや薬局でも購入ができるハッカ油を5滴程度湯船に入れると

お風呂上りも涼しく過ごすことができます。

 

たったこれだけで、お湯の温度が下がったように感じ、入浴後の汗が引きやすくなります。

 

ただし、入れる量は絶対に注意が必要です。

大量に入れてしまうと、身体が冷えすぎてしまいます。

 

多くても10滴までにしておきましょう。

 

 

◯ パジャマもポイント

パジャマを準備するのが面倒だからと、Tシャツに短パン、ジャージなどで寝ていませんか?

 

快適な睡眠には、やはりパジャマがおすすめです。

 

 

・吸湿性の高さ

 

・通気性

 

・締め付けがない

 

・体温調節がしやすい

 

など、パジャマには、しっかり眠れる、質の良い睡眠がとれる条件が、そろっています。

 

素材は綿や麻などがさらっとしていて、快適です。

 

また、汗をかいたままにしておくと臭いも気になり、

吸湿性が悪くなるので、毎日洗濯をするのがベストです。

スポンサードリンク

 

冷房を使わないで快適に過ごすには?

 

室温を低くするにはエアコンが便利ですが、苦手な人もいますよね。

 

冷房機器に頼らずに快適に過ごすことも可能です。

 

◯ 保冷剤やアイスノンを枕に使う

保冷剤やアイスノンで頭を冷やすと、気持ちがよく眠りに入りやすくなります。

 

部分的に冷やため、体全体の冷えを防ぐことができます。

 

◯ 扇風機の便利な使いかた

扇風機を上手に使うと、部屋全体を涼しくすることができます。

 

それは、

 

・扇風機の後ろに凍らせたペットボトルを置く

 

・濡れタオルをかけて運転させる

 

・エアコンと併用する

 

です。

 

ペットボトルに水を8分目ほど入れて冷凍させます。

 

使う時は、冷凍庫から出して置くだけです。

 

結露がおこるので、使う時には下にタオルなどを敷いて使うようにしましょう。

 

先ほど、冷房と扇風機を併用するのがおすすめとお伝えしましたよね。

エアコンと扇風機を併用させると、空気の循環が良くなり、冷気が部屋中に行きわたります。

 

冷たい空気は下にたまりやすい特徴があります。

 

扇風機の後ろにエアコンが来るように、冷たい空気が下から上に流れさせるようにすると、

足元だけ冷えすぎることが少なくなります。

 

暑さを和らげる快適グッズ

 

冷房、扇風機だけでなく、色々な快眠グッズを使うのもおすすめです。

 

◯ 涼しく眠れる寝具

敷布団にも、色々な工夫がされているものがあります。

 

例えば

 

・ジェルが使われた敷きパッド

 

・麻のシーツ

 

・竹シーツ

 

などです。

 

 

 

ジェルタイプの敷きパッドは触れた瞬間に冷たさを感じることができます。

吸水性はないので、汗を吸うことはありません。

 

敷きパッドを使っても汗をかいてしまった場合、べたつきが気になる場合があります。

清潔を保つためにも、こまめに拭くようにしてください。

 

また、持ち運びがやや重いのがデメリットです。

 

麻はサラサラした感触が特徴です。

洗濯できますが、シワができやすく縮みやすいのでしっかり伸ばして干すようにしましょう。

 

竹シーツは想像以上にヒンヤリしています。

冷えすぎと、かなり硬さがあるのが欠点です。

 

顔をそのままつけてしまうと、跡が残りやすいデメリットもあります。

 

◯ 冷えるジェルシート

発熱の時に使うシートも、熱帯夜には大活躍です。

 

おでこや首などに貼ってもずれることがありません。

 

◯ アロマを使う

体温を下げることはできませんが、アロマの香りで熟睡が期待できます。

 

眠れない、寝つきが悪い時は、ラベンダーやヒノキのアロマを使ってみましょう。

リラックス効果もありますよ。

 

まとめ

 

熱帯夜が続くと、睡眠不足が溜まって体調を崩してしまいます。

 

快適に過ごすには、冷房や扇風機の使い方を工夫したり、寝具にこだわってみましょう。

 

適度に涼しい部屋で、お気に入りの寝具を使い、

パジャマを着て過ごせば、熱帯夜も楽しく過ごせるかもしれませんね。

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , , , , ,