情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

熱中症は室内でも起きる!防ぐ方法と発症した時の対処法を知っておきましょう

   

 

 

熱中症は屋外でなるものと思っていたら、大間違いです。

室内でも起こってしまう可能性があり、油断は禁物です。

 

どうして室内で熱中症になってしまうのでしょうか?

 

今回、室内でも熱中症になる理由や、予防、対処法についてお伝えします。

 

熱中症は室内でも起こる

 

◯ 室内でも熱中症の危険がある

熱中症が起こる条件は「高い温度」と「高い湿度」です。

 

屋外での作業や活動中で発症すると思われがちですが、

室内でもこの条件がそろえば、熱中症のリスクが高くなります。

 

気温が30度以上になると、室内の温度も、かなり高くなります。

 

窓を開けて通気を良くしているつもりでも、

夏場は風が吹かないことも多く、室内の温度は高くなります。

 

節約のために、エアコンを付けていないと、湿度と室温は高くなる一方。

 

さらに、屋内に居ることに安心して水分が不足すると、熱中症を発症してしまいます。

 

熱中症になると

 

・手足の痙攣

 

・筋肉痛

 

・足がつる

 

・激しい倦怠感

 

・吐き気、嘔吐

 

・頭痛

 

・めまい

 

・汗が出ない

 

・意識がもうろうとする

 

・臓器の障害

 

・下痢

 

などが起こります。

 

◯ 年配者や子どもは特に注意

熱中症はどんな人でも発症しますが、特に年配者や子どもは注意が必要です。

 

子どもは、体温調節機能が未熟なうえ、発汗量はとても多いです。

 

自分で意識して、こまめに水分補給をすることができません。

子どもが水分を欲しがる時は、すでに水分不足が起こっています。

 

年配の方も、神経が鈍感になっているため、のどの渇きを感じにくくなっています。

 

また、トイレが近いことを気にしたり、

飲んでいる薬の副作用で脱水症状が起こりやすい傾向があります。

 

いずれの場合も、のどが渇く前に水分補給がしにくいため、周囲の人が注意することが重要です。

スポンサードリンク

 

熱中症を防ぐ方法は?

 

室内での熱中症を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

 

◯ こまめな水分補給

 

汗をかくと、体の水分だけでなくミネラル分も排出されます。

 

水だけを摂っていると、塩分が足りなくなり、ミネラルバランスが悪くなります。

 

スポーツドリンクは塩分やミネラルが含まれていますが、

同時に糖分も含まれているため取り過ぎは良くありません。

 

おすすめなのは、麦茶やミネラルウォーターです。

 

運動で汗をかいたとき以外にも、起床時、入浴の前後 、眠る前、食事の時、

トイレに行ったあとなどコップ1杯の水を一日5~6回程度飲むようにしましょう。

 

◯ 日差しを遮る

 

窓からの日差しで室内の温度が高くなったり、空調が効かないことがあります、

 

すだれやカーテンなどを利用して、日差しをさけるようにしましょう。

 

植物などを利用した、緑のカーテンもおすすめです。

 

◯ 風を通す

 

日中は無理でも、朝や夕方は風が吹くことが多いです。

 

室内も換気もかねて部屋に風を通すようにしましょう。

 

窓を開けるときは両側の窓、対角線上の窓を開けると風通しが良くなります。

 

◯ エアコンや扇風機を使う

 

電気代の節約のためにエアコンを使わない人もいますが、気温が高い場合はとても危険です。

 

屋外の気温が高い日は我慢をせず、

扇風機やエアコンを利用して室内の温度を下げるようにしましょう。

 

夏の室温の温度は25~27度、湿度は50~60パーセントが良いとされています。

 

もちろん適温にしていても水分の補給は忘れないようにしてくださいね。

 

◯ 寝る前のアルコールは危険

 

アルコールは水分に含まれません。

 

利尿作用が強いため、寝る前に飲むと脱水が起こりやすくなります。

 

寝る前はアルコールではなく、コップ一杯の水を飲み、

夜中にトイレに起きた後は水を飲むようにしてくださいね。

 

熱中症を発症した時の対処法は?

 

熱中症は軽く見てしまうと命の危険なケースも珍しくありません。

 

万が一のために迅速な対応が必要になります。

 

◯ 水分の補給

 

熱中症になったと感じた時は、まず水分の補給をします。

 

できれば、スポーツドリンクや経口補水液が吸収がよくおすすめです。

 

◯ 涼しい場所に移動する

 

室内で熱中症になった時は、室温が高い可能性が高いです。

 

室温を下げるか、扇風機などを使い、室内を涼しくしましょう。

 

◯ 冷やす

 

身体の熱を冷やすため、氷枕や保冷剤を使って冷やします。

 

首筋、脇、手首など太い血管がある場所、血管が集まっている場所を冷やすと良いです。

 

◯ 意識障害がある場合は病院へ

 

症状が改善しない、悪化している、意識障害がある場合は、危険な状態です。

 

病院へ行き、処置を受ける必要があります。

 

意識障害が起こっているときは、痙攣などが起こる場合があり、命の危険があります。

 

救急車を呼んで、すぐに病院へ行くようにしてくださいね。

 

まとめ

 

実は、私も経験しましたが、室内の熱中症は急に起こります。

 

エアコンを付けていても、水分補給を忘れているととても危険です。

 

復活するまで1日ほどかかり、体調がかなり悪くなります。

 

室内での熱中症を防ぐためにも、室温の設定温度と、適度な水分補給を忘れないようにしてくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 日常生活, 美容健康 , , , , , ,