情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

クマの原因は何?タイプにあった解消法がポイント

   

 

 

鏡を見たときに、クマがあると気分が落ち込んでしまいますよね。

 

よく、寝不足だとクマができると言いますが、実は原因は色々あり、解消法も違ってきます。

 

そこで、今回は、クマができる原因、クマのタイプごとの解消法、予防対策などについてご紹介します。

 

クマができるのはなぜ?

 

クマができる原因は色々ありますが、目元はクマができやすい構造になっています。

 

もともと、目元の皮膚は薄く、毛細血管の色が外からわかりやすいのです。

 

クマができる原因として、よく言われているのが

 

・寝不足

 

・疲労

 

・ストレス

 

・冷え

 

・スマホ、パソコンの使いすぎ

 

などです。

 

これらの悪条件が積み重なってくると、目の下の脂肪が出てきて、血管を圧迫し、酸素不足が起こります。

 

酸素が不足すると、血液の色が黒くなりクマにつながるのです。

 

クマができてしまうと

 

・老けて見える

 

・やつれている、疲れているように見える

 

・不健康そう

 

・人相が悪くなる

 

などで、いいことがありません。

 

それでは、クマを解消するため、クマについてもう少しご紹介します。

 

3種類のクマのタイプや特徴について

 

目元のクマの色をよく見てみましょう。

 

クマは色ごとに

 

・青クマ

 

・茶クマ

 

・黒クマ

 

の3つの種類に分けることができます。

 

◯ 青クマの原因は血行不良

 

青クマの原因は疲労や冷えなどによる血行不良です。

 

・冷え性

 

・不規則な生活

 

・ホルモンバランスオの乱れ

 

・睡眠不足

 

・疲労

 

・目の疲れ

 

・ストレス

 

などが考えられます。

 

最近では、パソコンに加え、スマホの使いすぎで青クマに悩まされている人が増えている傾向があります。

 

◯ 茶クマは色素沈着やメラニンが原因

 

茶クマは2つの原因が考えられます。

 

一つ目は「色素沈着」です。

 

紫外線だけでなく、こすり過ぎ、アイメイクの時の摩擦、乾燥などで目元の色が変色します。

 

もう一つは、メラニンが皮膚の奥底(真皮)まで沈着を起こしたためにできるクマです。

 

美白効果が高い化粧品やレーザーによる治療で改善がきたいできます。

 

◯ 黒クマ

 

黒クマに、2つの原因があります。

 

一つは、生れつき目元の脂肪が少ない、加齢によって脂肪が減り、皮膚がたるんだ

 

もう一つは加齢により筋肉が緩んでたるみがでてきてしまうことです。

 

どちらも、シミではないためメイクによってカバーするのは難しいです。

 

ヒアルロン酸を注射する、脱脂の手術を受ける方法が効果が高いです。

スポンサードリンク

 

クマを解消する方法やグッズはある?

 

◯ 目元をこすらない

 

クマができていると、皮膚を引っ張る、押してみる、こすってしまいたくなりませんか。

 

これは、すべて逆効果です。

 

目元の皮膚はとても薄いため、摩擦にとても弱いです。

 

刺激、摩擦を加えることで色素沈着を起こし、クマを濃くしてしまう危険性があります。

 

また、皮膚を引っ張ることでたるみが生じ、印象を暗く、老けたものにしてしまいます。

 

目元のケアは大切ですが、力を入れず優しく行うようにしましょう。

 

◯ 生活習慣を見直す

 

睡眠不足や不規則な生活は、新陳代謝や血行を悪くし、冷えの原因になります。

 

冷たいものの飲みすぎ、食べ過ぎも冷えの原因になるため、できるだけ体を温める食事、飲み物

を取るようにしてください。

 

特に、青クマが気になる人は注意です。

 

◯ マッサージ

 

マッサージをすることで、血行を促進され、クマの予防、解消につながります。

 

この時、絶対に力を入れてはいけません。

 

滑りを良くするために、薬指にクリームを付けて、血液を流すイメージで目の内側からこめかみ

にかけて、円を描くように動かします。

 

目頭→下まぶた→こめかみ、目頭→こめかみの順番で行います。

 

◯ ツボ

 

ツボを押して、むくみを解消させることでクマの予防につながります。

 

おすすめのツボは

 

・目じりのこめかみのあたりのくぼみ

 

・目の下の真ん中から、親指一本分下のツボ

 

の2つです。

 

1回に付き5秒程度、3~5回を目安に押すようにしましょう。

 

◯ サプリメント

 

クマの予防、解消にサプリメントを飲むのも方法の一つです。

 

サプリメントの種類は、クマの種類ごとに違います。

 

茶色のクマはメラニンによる色素沈着が原因なので「ビタミンC」がおすすめです。

 

疲労や冷えが原因である青クマは

 

・カシス

 

・ブルーベリー

 

・EPA

 

・ビタミンE

 

です。

 

サプリメントだけでなく、食事でも接触的に摂るようにしてくださいね。

 

◯ 目元を温める

 

目元にホットタオルをおいて、目元をじんわり温め血行を促進するのもクマ予防が期待できます。

 

もっと手軽なのが、シートタイプのアイマスクです。

 

目の疲れが取れて、奥底から温めるので血行が良くなったのが実感できます。

 

リラックス効果も高いので、夜や寝る前に使うのがおすすめですよ。

 

まとめ

 

クマが解消することで、表情が明るくなり、5~10歳も若い印象を与えることができます。

 

毎日のちょっとした心がけや、スキンケアで生き生きとした目元に近づくことができるかもしれません。

 

久しぶりにあった友人に「疲れてる?」なんて言われないように、日々の努力を積み重ねていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常お役立ち情報, 美容健康 , ,