情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

お宮参りにふさわしいママの服装と髪型とNGなスタイルとは?

   

 

 

生後1か月ごろに、赤ちゃんの健やかな成長を祝うお宮参り。

 

昔からの儀式でもあり、赤ちゃんにとっては初舞台なので、きちんとした服装で出かけたいですよね。

 

とはいえ、どんな服装が良いのか、どこまで正装にしなければならないのか分からないことも多いものです。

 

そこで今回は、お宮参りのままの服装や、髪型のポイントについてお伝えします。

 

お宮参りのママの服装のポイント

 

◯ 服装はフォーマルか正装で

お宮参りの服装に決まりはありません。

 

ですが、赤ちゃんが祝い着という、お宮参りの正式な衣装を身に着けることが多いです。

 

調和がとれるように、できれば正装やフォーマルでお参りしましょう。

 

正装といっても、礼服を着る必要はありません。

経験からも言えることですが、ほとんどのママはスーツやワンピースを着ています。

 

着物も見かけますが、出産後1か月で着物を着るのは身体の負担にもなり、

急に授乳が必要なケースもあります。

 

よっぽど着物に慣れていない限り、洋服がおすすめです。

授乳に便利なワンピースなどもあるので、1枚あると重宝します。

 

産後に使えるデザインも多くそろっています。

 

色は、お祝いということもあり、

 

・ベージュ

 

・パステルピンク

 

・水色

 

・薄目のグレー

 

・紺色

 

などが多いです。

 

パパが黒や紺、グレーのスーツを着ることが多いので、

上記の色であれば、不釣り合いということもありません。

 

スポンサードリンク

◯ NGなスタイルは?

必ず正装でというわけではありませんが、儀式なのでNGなスタイルもあります。

 

・カジュアル過ぎる

 

・露出が多い

 

・派手すぎる

 

・素足

 

などは不向きです。

 

神聖な場所での儀式なので、「きちんと、きれいにしておく」のが基本です。

実際に、ジーパンやジャージ、ショートパンツでお宮参りをしている人を見たことはありません。

 

◯ 足元は歩きやすいパンプス

赤ちゃんを抱っこして歩くことも多いので、安定感のある靴がおすすめです。

 

安定感があるといっても、スニーカーではカジュアル過ぎます。

よっぽどのことがない限り(怪我をしているなど)、ヒールの低いパンプスが無難です。

 

出産前はヒールが高いパンプスしか履いていない場合でも、

育児中だけはペタンコのパンプスがあるととても便利です。

 

この機会に、一足購入するのもいいですよ。

 

 

◯ 小物で華やかに

衣装に合わせて、小物を使うと華やかになります。

儀式ではパールの小物が便利です。

 

 

ただし、ママが赤ちゃんを抱っこする場合は、小物選びにも配慮が必要です。

 

耳から長く垂れさがるピアス、イヤリング、ネックレスなどは赤ちゃんの手や顔に当たる危険性があります。

 

写真撮影の時だけ、ネックレスを付けたり、

万が一、赤ちゃんの顔に触れても安心なスカーフなどを使う方法もあります。

 

また、産後、体質が変わり金属にかぶれたりすることもあるので注意してくださいね。



季節に合ったおススメの服装

 

正装と言っても、季節によって気温が大きく違うため、洋服選びも変わってきます。

 

◯ 春の服装

春は、気温も温かく、

季節がら、パステルカラーや淡い色のスーツやワンピースを選ぶ傾向があります。

 

日によっては肌寒いこともあるので、薄手のコートを羽織っておくといいですね。

 

◯ 夏の服装

夏は、薄手のスーツやワンピースを着ます。

暑いからといって、ノースリーブのワンピースはよくありません。

 

お参りが始まったら、薄手のカーディガンやジャケットを羽織ってください。

 

 

◯ 秋の服装

秋も基本はスーツやワンピースです。

 

無難なベージュや薄手のグレーを選ぶ安心ですが、ツイード素材やボルドーやグリーンを着る人もいます。

あまりに派手な色でなければ、問題ないですし、季節感も出て素敵ですね。

 

寒い季節に入ってきますが、足元はタイツではなく、肌色のストッキングを着用してください。

 

 

 

◯ 冬の服装

冬はウール素材や厚手生地のスーツやワンピースをきます。

 

寒さが厳しい時期なので、コートやマフラーなどで十分な防寒対策をしてください。

 

もちろん赤ちゃんも防寒対策を忘れないでくださいね。

 

 

お宮参りにぴったりな髪型は?

 

最後は髪型についてです。

お祓いでは、頭を下げたり、お辞儀をすることがとても多いです。

 

そのたびに、髪が前に下がったり、乱れたりしないような髪型にしてください。

 

◯ ショートヘア

ショートヘアでは、髪が乱れたり、前に垂れ下がることは少ないので、

より清潔に見えるようなアレンジがおすすめです。

 

前髪が長めの場合は、整えて、左右のどちらかに流して止めておくときれいです。

 

特にアレンジが必要でない場合でも、きちんとブローして、寝ぐせなどがないようにしましょう。

 

◯ ミディアムヘア

ミディアムヘアの一番簡単で、おすすめのアレンジはハーフアップやサイドの編み込みです。

 

ミディアム以上に頭をさげると、髪が前に垂れてしまいます。

 

見た目も悪く、邪魔になりやすいので、丁寧にまとめておきましょう。

 

アレンジが苦手な場合は、後ろで一つにまとめて、可愛いヘアアクセを付けておくといいですね。

 

◯ ロングヘア

ロングヘアの場合は、スッキリ見えるアップへアやまとめ髪がおすすめです。

 

髪を下す場合は、ハーフアップなどにして、お辞儀をしても髪型が大きく崩れないようにしましょう。

また、艶がないと不潔にみえるので、前日はトリートメント等でケアをしておくといいですよ。

 

 

まとめ

 

お宮参りは、赤ちゃんの初めての行事ともいえます。

 

主役の赤ちゃんが引き立つような工夫や、

長時間のお出かけで赤ちゃんが体調を崩さないような配慮も必要です。

 

写真を撮ることも多いので、家族みんなで、きれいにして素敵な写真も撮ってくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - マナー, 冬行事, 夏行事, 日常お役立ち情報, 春行事, 秋行事 , , , ,