情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

パートやアルバイトもマイナンバーを会社に提出する?

      2016/09/07

 

マイナンバー5

     

 

マイナンバーが税金の書類に必要なので、

会社員が会社に提出する必要があることを知っていますよね。

 

でも・・・

主婦や学生のパートだと収入が少なければ、提出する必要はないのでしょうか?

収入が多ければ(103万を超えたら)提出するのでしょうか?

 

今回はパート、アルバイトはマイナンバーの提出が必要なのかについてお伝えします。

 

関連記事:会社にマイナンバーを知らせるのは義務?拒否したら罰則がある?

 

パートやアルバイトもマイナンバーの提出は必要

 

まず、パートやアルバイトでもマイナンバーの提出は必要です。

どんな雇用体系であっても、短期であっても関係ありません。

 

高校生がアルバイトをしたり、一日限定のアルバイトでも必要になります。

 

なぜなら会社は正社員と同じように

雇用に関しての書類を作成しなければならない、と法律で決まっているからです。

 

雇用が決まる際に例えば、扶養控除申告書などの書類に記入するように言われるはずです。

 

しかし、マイナンバーや通知カードのコピーまで提出するという義務は会社にはありません。

要求しても提出する必要はないので、気を付けましょう。

 

○情報の漏えいが心配だから拒否したい

 

パートやアルバイトだと短期であったり、正社員より軽く見られている気がして、

自分のマイナンバー情報が心配で拒否したくなるかもしれません。

 

仮拒否してクビになったり、それが直接の原因で不採用になることはないでしょう。

ですが会社は提出が義務なので何度も提出して欲しいと言ってきますし、何度も説明してくるはずです。

スポンサードリンク

 

またパートやアルバイトだからと言って、マイナンバーの管理がずさんになることはあり得ません。

 

正社員同様に徹底して安全管理、リスク管理するように法律で決められていますし、

漏洩することがあれば会社は厳しい罰則を受けます。

 

収入が103万円以上のパート、アルバイトの場合

 

アルバイトでもパートでも、収入がいくらかであっても

マイナンバーの提出は必要ということには変わりはありません。

 

ただ、103万円を超えてしまうと扶養から外れることになりますし、

扶養する家族がいるのでは会社は思うケースがあります。

 

扶養家族がいる場合は扶養控除申告書の欄に扶養している家族のマイナンバーが必要です。

 

103万円を超えていても、扶養する人がいなければ書く必要はありません。

 

収入が103万円以下のパート、アルバイトの場合

 

収入が103万円以下でも扶養家族がいる場合は、

先にお伝えしたように扶養家族のマイナンバーが必要です。

 

収入が103万円以下の場合、

世帯主の扶養になっている状態が多いのですが、その場合はどうなるでしょうか。

 

扶養控除申告書の記入は本人だけになり、

世帯主などのマイナンバーを書く必要はありません。

 

提示するように言われても拒否してもよいです。

 

まとめ

 

これからは、何かにつけてマイナンバーの提示が問題になってきそうですね。

 

パートもアルバイトもマイナンバーを提示しなければならず、

個人の情報を自分で守る時代になったのかもしれません。

 

マイナンバーという言葉は知っていても、

利用についてはまだまだ認知が低いので不安が色々ありますね。

 

パート、アルバイトの採用で、

マイナンバーを提供してくれることという条件つくようなことがあっては困ります。

 

マイナンバーの利用、制度をもっと知っていく必要がありますね。

認知されるのには相当な時間がかかりそうです。

 

 

スポンサードリンク

 - 日常生活