情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

電力自由化のメリット・デメリットは?

      2016/02/27

 

電力自由化2

 

 

2016年4月から、電力の自由化が始まりますよね。

 

自由化というと良いイメージが浮かんできますが、実際に私たちの生活はどんなふうに変わっていくのでしょうか?

また、どんなメリットが予想されて電力の自由化をするのでしょうか?

良い所があるならデメリットも気になりますよね。

 

今回は自由化のメリット、デメリットについてお伝えします。

 

関連記事:電力の自由化ってなに?どんな仕組みなの?

 

 

最大のメリットは選択肢が広がること

 

電力の自由化による最大のメリットは、色々な場面で私たちが選択できるということです。

 

○電力会社を選ぶことができる

 

今までは、住む地域によって電力会社がすでに決まっていたので、

私たちは自動的に電力会社が決められ選ぶ余地はありませんでした。

 

節約ができる使用方法はある程度選ぶことはできますが、

値上がりに対しても従うしかありませんでしたよね。

 

電力の自由化が始まれば、サービスや価格などで電力会社を選ぶことができるようになり、

決められることはなくなります。

 

○電力の種類を選ぶことができる

 

電力会社を選ぶと同じように、エネルギーの種類を選ぶことができます。

 

値段を優先に考えて、とにかく安い電気を選ぶことができるし、

自然に考慮したエネルギーなども自由に選ぶことができます。

 

○電力会社ではない異業種の企業も参入できる

 

今まで、発電所を持っていなかった業種も電力事業に参加することができるようになり

ビジネスチャンスが広がっていきます。

100社以上が参加すると予想されていて、

例えば携帯電話会社・不動産会社などがその中にはあります。

 

こういった発電所を持たない会社は、

多くの小さな発電所の電力を買い取り、家庭へ売ることで利益を得ようと考えています。

 

○電気料金が下がり、サービスが広がる

 

多くの企業が参入するということは、顧客競争が始まるということです。

 

企業は多くの顧客を獲得しようとするので、

当然、割引サービスなど電気料金の値下がりが予測されます。

スポンサードリンク

また、電気料金の値下がりとともに、色々なサービスも充実するでしょう。

 

例えば、ポイントサービスや、携帯電話会社なら、契約すると通話料金も安くなるなどです。

 

電力の自由化によるデメリットは?

 

電力の自由化によるメリットは色々あることが予想されますが、

逆にデメリットも考えられます。

 

○電気料金の値上がり

 

「企業の競争により、値下がりが期待されるのではなかったの?」と思うかもしれませんね。

 

もちろん自由化が始まってしばらくは顧客を獲得しようとして、

値下がり競争が始まる可能性は高いでしょう。

現在は、電気料金の値上がりはあっても、大きな値上がりはありませんよね。

 

それは、国が電気料金の審査をしているからです。

 

自由化が始まってからは国の審査はなしで、電気料金をあげることができます。

電気の発電状況や供給状況により、電気料金が変わることは十分にあり得ますし、

永久的に電気料金が一定であったり、値下がりが続くことは考えにくいのです。

 

また、獲得した顧客を減らさないように、

例えば2年未満でやむ負えない理由以外で解約した時には、高額な解約金が発生する可能性も考えられます。

 

○電力の供給が一定にできない可能性

 

電力の自由化が始まると、今まで電力に関係がなかった企業も参入します。

 

そうなると、技術や施設の能力などが十分でないためにトラブルが発生し、

発電ができなくなり、電力の供給ができなくなるかもしれません。

 

実際に、すでに電力の自由化が始まっている海外では色々なトラブルがあります。

2000年ごろカリフォルニアでは電力会社が十分な電力を確保できず、

蓄えができなかったため供給ができなくなる大停電が起こりました。

 

2003年にもニューヨークで同じような大停電が起こっています。

 

また、契約していた電力会社が急に倒産した場合の、

代わりの電力会社があるのかも心配ですよね。

 

こうした心配の取り除くため、政府はもし新電力の会社がトラブルなどで

十分な電力を確保できなかったときは、他の電力会社が代わりに供給することにしています。

 

新たに参入する電力会社は、もちろん十分な電力の供給は義務としていますし、

その能力があるのか厳しく審査されています。

 

ですから、電力の供給についてはあまり心配がないのかもしれません。

 

まとめ

 まだ実際に始まっていないので、どんなことが起こるかわからないですが、

メリット、デメリットの予測をしておくことは大切です。

電気がなければ私たちの生活はストップしてしまうといっても過言ではありませんよね。

 

供給がストップしてしまうような事故を出さない・しっかりとした施設や急な価格の上昇をしないような、しっかりとした制度が必要ですね。

 

スポンサードリンク

 - 日常生活