情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

五月病とはどんな病気なの?

   

 

 

五月病

 

五月の大型連休が終わったころ

 

「何だか最近、だるくて、やる気が出ないのだけど五月病かな?」

 

とか、

 

「理由はないけど、学校(会社)に行きたくない」

 

という話や光景を目にしたことありませんか。

 

五月病という言葉は、社会人はもちろん学生なら知っていますよね。

 

でも、どんな病気なの知っていますか?

 

そもそも、五月病という病名の病気はあるのでしょうか?

今回は、五月病について、お伝えしようと思います。

 

五月病とは

 

五月病とは、言葉通り五月に発症する症状のことです。

特に、4月に学校や会社に入ったばかりの新入生や新社会人に多く見られる症状で、

何となくやる気が出ない、疲れやすいといった症状が見られます。

 

時には、精神的なものから食欲がない、胃痛、めまい、動機などの症状ができることもあります。

 

原因はさまざまで、

当初思い描いていた生活とは違っていたという落胆や、

人間関係がうまくいかない不安、

緊張状態が続いたあと大型連休で気が緩んでしまい、立て直しができない

など色々あります。

 

社会人は4、5月に研修などがあり、実際の業務に入る6月から、ふさいだ気分が続く症状が出ることもあり、

六月病と呼ばれることもあります。

 

五月病という病気はない?!

 

実は、医学上、五月病という病名の病気も定義もありません。

 

五月病とは、私たちが何となく「こんな感じが五月病」として使っている言葉なのです。

医学上は「適応障害」と位置づけられます。

 

4月になり、進学や就職で環境が新しくなったため、その環境に適応できず、

ストレスになりうつ状態になってしまっています。

スポンサードリンク

 

多くの場合、1~3か月で自然に治っていくことが多いので、思いつめないことも大切になります。

 

重症化すると気分障害、不安障害になる可能性がある

 

適応障害は多くの場合、

ストレスを発散させたり、気分転換などで、自然に治っていくものですが症状が重くなることもあります。

 

また、五月に気分が沈みがちになったのが、五月病ではない場合もあります。

これは少し深刻です。

 

○気分障害

 

気分障害は気分が高くなって活動的になったり、

気分が沈んで、無気力になるなどの状態になる症状です。

 

双極性感情障害という、気分が明るくなる状態と、暗くなる状態が交互に出る場合と、

ずっと暗いままのうつ病に分かれます。

 

五月病と誤解されたり、性格上の問題とされることも多いのですが、

不眠や食欲不振で体重が激減することもあるので病院での治療、カウンセリング、薬物療法が必要な場合が多いです。

 

○不安障害の可能性がある

 

不安障害とは、極度の不安を感じる障害のことを言います。

人前で話す状況で、緊張したり赤面する人は少なくはないでしょう。

 

でも不安障害の人がそれは非常に強く、

めまい、動機、呼吸困難をおこすこともあり、常に不安を感じやすくなります。

 

人前に出ることができなくなり、集中力が欠け、日常生活に支障をきたします。

 

まとめ

 

なんとなく知ってはいた五月病ですが、

気分が沈んでいる状態が長く続くようなら、病院で診断を受けることをおすすめします。

 

実は五月病ではなかったり、重症化をしているかもしれません。

 

私は五月病になったことはありませんが、よく

「気がたるんでいるから五月病になるのだ!」と怒られている場面に遭遇したことがあります。

でも、実際はそうではないかもしれませんよね。

 

昔とは変わって甘いと言われるのかもしれませんが、

ストレスが多くなった社会では仕方のない症状なのかも知れません。

 

 

スポンサードリンク

 - 美容健康