情報のカタマリ

あなたが知りたいあれやこれ

その手、主婦性湿疹じゃない?

   

 

主婦性湿疹

 

毎日の水仕事で忙しい主婦にとって、カサカサした手荒れは悩みの種ですよね。

主婦だけでなく、

手をたくさん使う銀行員さんや美容師さんも手荒れに悩んでいる人が多いのでは。

 

そのカサカサの手荒れが、だんだんひどくなって赤い湿疹ができたり、

皮がはがれて痒くなったりする、主婦性湿疹という症状があります。

 

主婦性湿疹ってどうしてなってしまうのでしょうか?

今回はつらい主婦性湿疹について、お伝えします。

 

ただの手荒れとは違う!主婦性湿疹ってどんなもの?

 

洗濯や料理をするなど水を多く使う人がなりやすいことから

主婦性湿疹主婦湿疹と呼ばれている手湿疹のことです。

 

○主婦性湿疹になる理由

主婦性湿疹の主な原因は水や洗剤です。

 

皮膚は水分や油分がある皮脂膜で守られていますが、

手のひらのや毛包がないので、他の皮膚よりも刺激を受けやすく炎症が起こりやすいのです。

 

水を使うことが多かったり洗剤を使うことで、少ない手のひらの皮脂を奪ってしまうことで、

刺激から肌を守れなくなり、主婦性湿疹を発症してしまいます。

 

発症すると、

洗剤やシャンプーまでも刺激になり、悪化していく場合が多く治りにくいのが特徴です。

 

主婦性湿疹はもともと乾燥肌であったり、アトピー体質の人はなりやすい傾向があります。

 

○主婦性湿疹の症状

まずカサカサして、ひび割れを起こします。

そして乾燥がひどく赤い湿疹がでます。

 

また、水疱ができることも多く、かゆみが強いのが特徴です・

痒みがひどくなると眠れなくなることもあります。

 

手荒れが、乾燥でかさつくだけに対し、かゆみがあり、

水疱などができるのが婦性湿疹の特徴で、手荒れとは全く違います。

 



スポンサードリンク

 

主婦性湿疹になったら皮膚科へ

 

ハンドクリームなどだけで乾燥が改善できなかったり、

かゆみが出てきたら主婦性湿疹の可能性が高いので、

皮膚科を受診することをおすすめします。

 

市販薬でも対応できますが、より早く回復するには皮膚科のほうが効果的だからです。

主婦性湿疹は手荒れとは違うので、ハンドクリームでは改善はまずできません。

 

炎症を起こしているので、炎症を抑えるステロイド剤の軟膏や、

かゆみがひどい場合は抗アレルギー薬の内服薬が必要な場合もあります。

 

内服薬には副作用が強いものもありますので、医師の指導のもと正しく使ってください。

 

主婦性湿疹と似ている病気もある

 

主婦性湿疹と似ている他の病気もあります。

 

主婦性湿疹と思っていたら違うこともありますので、

ちょっと違うかもと思う場合は、皮膚科医の診断を受けてください。

 

○アレルギー性接触性皮膚炎

植物や金属、日光などに当たることで、炎症、かゆみなどが起こります。

主婦性湿疹ととても似ている症状がでます。

 

アレルギー物質に当たったところが最初に炎症を起こし、

だんだんと広がっていきますが、多くは1週間ほどで改善します。

 

○白癬症

手の水虫です。

 

白く、ふやけたように皮がむけていきます。

皮膚の一部を顕微鏡で見て診断をするとすぐにわかります。

 

○カンジダ症

カンジダ菌は皮膚にいつもいて、湿った状態が続くと、

カンジダ菌が増えて炎症を起こします。

 

赤い湿疹ができ、じゅくじゅくした状態になり、痛いのに痒い症状が出ます。

 

 

 

まとめ

 

主婦性湿疹は手荒れが悪化した状態です。

 

主婦性湿疹にならないようにするためには、手荒れを進行させないことが必要ですが、

主婦などにとって水仕事、洗剤を使わない生活は無理ですよね。

 

水仕事をするときには手袋するなどの対処法や、

なってしまったら薬で早く治すなどの対策が必要ですね。

 

 

スポンサードリンク

 - 美容健康